« 2003年8月 | トップページ | 2003年10月 »

2003.09.19

オタク・ハラスメントから身を守る(前編)

ネットって便利ですね(こないだもこんな書き出しを使ったような気がする…)。こないだ「普通のメンツの宴会で,なにかのきっかけで火がついちゃったオタクがオタトーク炸裂で他のメンバーが困る」みたいな状況を「オタク・ハラスメント」と名づけて…みたいなことを書こうとしたんですが,ふと気になって「オタ・ハラ」でググってみたところ…やっぱりすでにそういう定義をしたページがありました…んー,残念。でも,おかげで「私が考えた言葉ですが」みたいなことを書いて恥をかかなくてすみました(苦笑

で,気をとりなおして「オタ・ハラ」の話。(すでにオタ・ハラという言葉が一般的であると想定済)

オタクは自分の持っている知識を如何に(あくまで自分的に,ですが…)かっこよく披露するか,に価値観を見出していますので,いきなり結論に到達するような話し方をしません。要するに「まわりくどい」のです。また,必ず小ネタやオタク同士にしか通用しない符丁(謎の感嘆詞「はにゃ~ん」とか妙な語尾「…にょ」とか意味不明な型番とか)を発して相手のスキル傾向や力量をはかります(もちろんオタクとしての)。傍から見ると会話の形式を成していませんが,これは道で出会った剣豪同士がにらみ合うだけで互いの腕を知るシーンと同じです。これで相手の力量がかなり低いと判った場合,大技(自分の持ちネタ,オタクとしてすごい情報)をあえて披露しないこともあります。

オタク同士であればこれでも全く構わないのですが,そのつもりがないのに一方的にオタトークの相手にされてしまった場合,これはもう悲劇です。時代劇で言えば,単なる村の暴れ者が剣豪に「腕の立つ奴」と買いかぶられ,勝負を挑まれた末に一刀両断されてしまうようなものです。オタク的にも「なんとこの若造,全く素人の太刀筋…もしやワシの勘違いか?」と後味の悪い思いをすることでしょう(多分)。

このような悲劇に巻き込まれないようにするにはどうすればいいのでしょう?

…続きは連休明けに(おい!

11/26追記

どうも続きが今かけそうにないので,そのうちどこかの連休明けに書きます(てへ

| | トラックバック (0)

2003.09.17

しったかぶりはよくないと思います

その1.

電車の中で50代くらいの人のよさそうなおじさんと20代前半のワカゾーが話をしているのをなんとなく聞いていたときのこと。おじさんはパソコンとかネットが苦手らしく,ワカゾーにいろいろと質問しています。おじさんが下手に出てるのをいいことに,ワカゾーなんかえらそうな態度です。

「しかし最近は技術が進んで僕みたいな年寄りでは何がなんやらわからんよ,そもそもIT(アイティー)って何のことだ?」
「(自信満々で)『インターネットの略』ですよ」

それはちがうやろ…

その2.

再び電車の中。初代ガンダムの話を延々しているちょっと不良っぽいおにいさん2人組(推定20代後半)を見かけましたが,もともとがアニメファンとかじゃなくて,幼児期に見た記憶だけで語っているらしく,なんかすごくテキトーな会話。ガンダマーとしては軽く聞き流していたのですが,

「最後にアムロがガンダムを『念動力で動かして』ジオングを撃つ」

という発言が飛び出たときは,立ちくらみを覚えました…

| | トラックバック (0)

2003.09.09

電話とアリバイ(その2)

こっちはちょっと前の話。大阪の御堂筋線に乗っていたら,新大阪駅から乗ってきた若いサラリーマン風の男が携帯電話を取り出し,通話を始めました。車両全体に響き渡るような大声で,
「もしもし,□□様ですか?あ,ワタクシ△△です…はい…はい,すいません…はい,今ですか?今環状線の京橋を過ぎたところです」

車内の人はみな下を向いて苦笑い。君は電話の相手にさえバレなければそれでいいのか?それに,車内放送は先方には聞こえていないのか?京橋の次は西中島南方ではなく大阪城公園だぞ…

ちなみに今,乗換案内@ジョルダンで調べたところ,新大阪→京橋は乗り換え含めて約16分でした。

| | トラックバック (0)

電話とアリバイ(その1)

まだ携帯電話が一般的でなかったころの話。仕事から帰ってきたら,自宅の電話の留守電にメッセージが入っていました。再生すると,
「(ピーッ)○○です。後ほど電話します」
「(ピーッ)○○です。…明日の会議の件で…また連絡します」
「(ピーッ)…○○です…明日の会議なんですけど…」
「(ピーッ)…○○です…明日の会議の資料についてなんですけど…また後ほど」
「(ピーッ)○○です!すいません,明日の会議なんですけど,一旦キャンセルでお願いします。明日また連絡させていただきます。資料は出来上がりましたが,現在4時55分ですので今から送っても間に合いませんので,とりあえずこちらで保管しておきます。あと,ワタクシ今から別件で外出ですので申し訳ありませんがご連絡は明日の朝お願いします」
○○さんという人は私の知り合いにいないし,次の日に会議の予定もなかったので,間違い電話のようです。で,これだけだと「まあ普通の間違い電話」なんですが,妙な点がひとつ。うちの電話はメッセージ再生後に「○時○分デス」と録音時間を読み上げる機能が付いていたのですが,最後のメッセージの録音時間は「6時30分デス」…なんでこの人,1時間半サバ読んでるの?

【ここから邪推】○○さんは明日の会議の資料をがんばって作っていたが,全然間に合いそうにない。で,締め切りを延ばすかなんかしようと,何度か会議の相手に連絡を入れたが繋がらない(間違い電話だからねぇ)。6時30分までがんばってもまだできなかったが,相手に電話をかけてみたら相変わらず不在だったのをいいことに,4時55分に資料は出来上がったことにして(おそらく4時半あたりがリミット?),相手と連絡がとれない言い訳をしておいて,現在もどこかで鋭意作業中。明日朝連絡があったら何食わぬ顔で出来上がった資料を提出しようというハラか!?

問題は「肝心の会議の相手には何も伝わっていない」ことなんだけど…どうなったんだろう,○○さん。残念なことに翌日以降間違い電話は入っていませんでした。

| | トラックバック (0)

2003.09.01

またおまえはだまされたわけだが…

クラッシャージョウの新刊(改訂版じゃない)が8月に出る,と聞いていたんですが…

ふっ,20年以上もこのシリーズと付き合っているっていうのに,私もまだまだ若いな…(CV:池田秀一)

PS ちょっとは栗本薫を見習え!

| | トラックバック (0)

« 2003年8月 | トップページ | 2003年10月 »