« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »

2004.01.22

オカルト

会社帰りにちょっとパチンコ屋に寄りました。

私が選んだ台の隣では30代後半くらいの主婦っぽい女性が先に打っていて,すでにドル箱を3つほど積んでいました。この女性がとにかく小声で台に話しかけ続けてるんです。
「入って入って~」(←チャッカーに玉が入るまで)
「お願い,来て来て来て~」(←リーチがかかるまで)
「そう,そう,もうちょっと,もうちょっと」(←リーチアクション中)
「ああん!」(←はずれ)
…なんか悩ましげです(苦笑)

と,今度は反対側の台に50過ぎのおっちゃんが座りました。このおっちゃんはとにかく台を撫でるんです。「フ~ン,フ~ン」と言いながらリーチが入って欲しいラインに沿って画面を撫で,リーチになると,「フンッ!フンッ!」と言いながらそのラインを連続で撫でつづけるんです…なんか気持ち悪いッス(苦笑)

両サイドをこんな怪しげな2人に挟まれて,こっちまでおかしくなりそうでした。しかもこの2人,話しかけたり撫でたりするわりにはリーチが外れるたびに台を殴る殴る!ボクシング漫画のヒロインが泣いて止めに入りそうな勢いで,握ったコブシでハンドルや外枠を殴りつけます。キミたちなあ,話しかけたり撫でたりするのが効果あると思ってるんなら,外したからといって殴りつけるのは逆効果じゃないのか?矛盾してるぞ。だいたいデジタル機はチャッカーに入った時点で抽選が終了してるんだから,殴っても意味なし!わかったらいますぐ台を殴るのをヤメなさい!台が揺れてこっちの玉がチャッカーにはいらないだろ!?

どうも私は昔からオカルトでパチンコを打つ人が理解できません。やっぱパチンコ台は私のように心の中で「ああ,今のは外れたけどおしかったねえ」「お前(台)はやればできる,俺は解ってるよ」と褒めながら打たなきゃ。心理学で言う「ピグマリオン効果」ってやつです。科学的に打たなきゃ,ねえ?

| | トラックバック (0)

2004.01.21

貝印北斗の拳キャンペーン

貝印北斗の拳キャンペーン http://www.kai-group.com/index.shtml

髭剃りを買うとフィギア・キーホルダが付いてくるそうです。全6種類のラインナップは「ケンシロウ」「トキ」「ラオウ」「ジュウザ」「フドウ」…で「ジャギ」。…なぜ「ジャギ」?確かに北斗4兄弟,という観点から言えばジャギは欠かせないです。しかし,それならばバランス的に残り2つは「霞拳志郎」と「中坊林太郎」ではないかと。それが無理ならせめて「アミバ」は入れて欲しかったなあ。位置的には歴代仮面ライダーにおける「ライダーマン」とかウルトラ兄弟における「アストラ」みたいな感じ。ダメ?

あと,シークレットで「お前のようなでかいババァがいるか!」のババァ(女装)かコクオウ(ラオウの馬)希望。どっちもでかいのでシークレットであることがモロバレですが。

北斗の拳 VOL.1
著者名:武論尊 出版社:集英社 出版年:1991.08 ISBN :4087826015
蒼天の拳 1
著者名:原 哲夫 出版社:新潮社 出版年:2001.10 ISBN :4107710009
公権力横領捜査官・中坊林太郎 1
著者名:原 哲夫 出版社:集英社 出版年:1999.09 ISBN :4088574060

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貝印北斗の拳キャンペーン

貝印北斗の拳キャンペーン http://www.kai-group.com/index.shtml

髭剃りを買うとフィギア・キーホルダが付いてくるそうです。全6種類のラインナップは「ケンシロウ」「トキ」「ラオウ」「ジュウザ」「フドウ」…で「ジャギ」。…なぜ「ジャギ」?確かに北斗4兄弟,という観点から言えばジャギは欠かせないです。しかし,それならばバランス的に残り2つは「霞拳志郎」と「中坊林太郎」ではないかと。それが無理ならせめて「アミバ」は入れて欲しかったなあ。位置的には歴代仮面ライダーにおける「ライダーマン」とかウルトラ兄弟における「アストラ」みたいな感じ。ダメ?

あと,シークレットで「お前のようなでかいババァがいるか!」のババァ(女装)かコクオウ(ラオウの馬)希望。どっちもでかいのでシークレットであることがモロバレですが。

| | トラックバック (0)

2004.01.18

ついていけない…

「仮面ライダー555(ファイズ)」が最終回を迎えたわけですが…一体全体どう終わったのか,ナニが言いたかったのか私には全く解りませんでした…いや,たしかに私自身は途中から殆ど見てなかった(8時20分ごろからのそのそと起きだし,終わりかけ+予告だけ見てそのまま「明日のナージャ」に突入←こっちは結構しっかり見ている)わけですが,それにしても…

平成ライダーってみんなこうなの?息子(7歳)に「ねえねえ?どういうこと?」と質問されたのですが,んなもんオレも解るかぁ!「大全集」でも買って設定から読み直して理解しろと言うのか,君は!(←誰?)

その後,息子は昔ビデオに撮っていた「クウガ」を出してきて「やっぱりクウガが一番面白いなあ~」と。いや,父もそう思うぞ。たしかにクウガも最終回がいきなり「3ヵ月後」で「戦闘シーンなし」などという意表をついた演出でしたが,あれは一応セーフのような気がします。しかし,そのあとの平成ライダーときたら,なんつーか「ひねるにも程がある」っていうか。ちゃんと全部見てたらばっちり解ったのでしょうか…

なんか,子供のころからこういう番組ばっかり見て(んでもって設定資料とかで補完して理解する)ると,すごいオタクちっくな子供に育ちそうです…来週からの「仮面ライダーブレイド」はもうちょっと解りやすい話だといいなあ…

そういえば「ナージャ」,最終回を目前にローズマリーが「いい子ちゃん」っつーか,なんかイメチェンを図ろうとしてるぞ。やはりあの展開のままでは最後にどん底に落ちないと視聴者がナットクしない,しかしそれを描くと子供の朝の番組とは思えなくなる程むごくなる,という判断でかっこよく退場させようという作戦なのでしょうか?黒バラとひっついたりするのかな~。

| | トラックバック (0)

2004.01.14

人間観察シリーズ!

新シリーズです(謎)いや,いつもの「街でみかけた人の話」なんですけどね。

先日電車の座席ドア横に座っていたら,途中の駅から乗ってきたカップルが,ちょうど私をとりかこむように立ち,目の前でいちゃいちゃし始めました。(下記配置図を参照)

    ◇
   ◎■□□□
 ===

□:椅子/■:私の座っていたところ
◎:男性/◇:女性/=:ドア

女性は吊革にぶら下がった状態で男性にしなだれかかっているので,彼らの会話は殆ど私の頭上で行われていました。聞くともなしに聞いていると,なんか二人でデートに行った帰りで,今から女性の部屋?に行くところだったみたいです。で,話題はデートの途中に偶然であった2人の知り合いの女性のことになりました。
「○○ちゃん,かわいいカッコしてた」
「そか?」
「とぼけて~,足とかじろじろ見てたくせに~」(肘でつっつく)
「見てねえよ」(笑)
「見てた,見てた」(またつっつく)
「マジ,オレ,お前しか眼中にないし」(笑)
「んなこと言っちゃって~」(さらにつっつく)
そのとき電車の揺れと肘つっつきが絶妙のタイミングでヒットしたのか,男性の頭がドアに激突しました。とたんに男性マジギレ!
「見てねえっつってんだろ,このバカ!」(女性の頬にバックハンド!)

しゃがみこんで泣き出す女性…私の目の前です。憮然とした態度で女性に「お前はしつこいんじゃ!だいたい…」と説教し続ける男性…私の頭上です。

目的の駅に着くのがあと5分遅かったら,私はあの場所で窒息死していたでしょう…体感緊迫度8000デニールくらいありましたデス。あのあと二人がどうなったのか,どの駅で降りたのか,仲直りできたのか…全ては謎のままです。

| | トラックバック (0)

2004.01.12

ハロ

休日出勤の帰り道,ちょっと立ち寄ったパチンコ屋で軽く勝ったので,さらにゲーセンに寄ってUFOキャッチャーで「ハロ スーパーDXぬいぐるみ」(緑)をゲットしました。

http://www.itmedia.co.jp/games/g-toys/banpresto/030514/12/01.html

いいなあ「ほぼ実寸大のハロ」。ぬいぐるみとしては適度な硬さがたまりません。しかし,このサイズのぬいぐるみでは初の商品化ではないでしょうか?以前から(Zガンダム本放送時くらいから)私は「ハロの実寸大ぬいぐるみとビーチボールを商品化して出せ」と各方面に(おもにオタ仲間関係)主張して来たのですが,やっと私の声が伝わったようです(ホンマか?)。そういえば「ガンダムの手の形の椅子」なんてものが以前商品化されてましたが,あんなものを誰が買うというのか,キミは?(トミノ台詞)あんなもの作るくらいならバンダイ&バンプレストは「ホワイトベースのキャプテンシート」作って売れ!キャプテンシートに座ってサッカー中継見ながらビール片手に「左舷弾幕薄いぞ,なにやってんの!」とか言いたい人は多いはずだ!え,ワタシだけ?

で,ゲットしたハロはお店でちょっとスケスケの手提げ袋に入れてくれました。普通おっさんがぬいぐるみを持って午後10時台の電車に乗ってる図なんてのは,みっともなくて見てられないわけですが,なんせモノが「ハロ」(1年戦争モノ)だけに本人的には平気。平気と言うよりはむしろ「誇らしげ」。もー周りの乗客はみんな「オールドタイプ」って感じ。意気揚々と帰宅して(家族はすでに就寝)ひとしきり触ったあと,枕元に置いて寝ました。「ハロ,おやすみ…」

…で,今朝あまりの騒がしさに起きたら子供達がハロの取り合いで喧嘩をしていたので朝から一喝!「ヤメロ!これはパパのだ!」

| | トラックバック (0)

2004.01.09

超人ロックの謎

超人ロック冬の虹
著者名:聖 悠紀 出版社:少年画報社 出版年:2004.07 ISBN :4785924403

現在発売中の『YOUNG KING OURs』(少年画報社)で「超人ロック」の新連載(冬の虹) がスタートしたとか。

それを記念して(?)ここで「超人ロックとは何者か?」について考えてみます。年代が「西暦」で「地球が舞台」という点で,『インフィニット計画』が現在発表されているエピソードにおいて時系列的に最も古いはずです。『インフィニット計画』の時点ですでにロックは「カッコー作戦」(「やりなおし」を行って他人の子供として育つ)を行っていますので,当然この時期に生まれたわけではありません。んじゃ生まれたのはいつごろかというと,カッコー作戦のノウハウを確立するまでに何回かこれを繰り返す必要があることと,『インフィニット計画』以前の情勢を想像すると,そんなに若くして死にかけるほどの事件には巻き込まれていない(当時ニムバスはすでに能力者として覚醒していましたが,表立って動いてはいないし)でしょうから,親の寿命がくるたびに(自分は4,50歳)5,6回練習をしたとして2,300年くらい必要ってことで,ロックの誕生年は1960年に決定。(←いいのか,おい?)

次は国籍ですが,『インフィニット計画』時代から,オリジナルのマトリクスを使った肉体の場合,ロックは必ず「黄緑の髪」です。ってことは,『インフィニット計画』以前も「黄緑の髪」をしていた(あるいは,この色にこだわっていた)ことが考えられます。本来自らが超能力者であることを目立たぬように暮らしていかなくてはならなかったロックが,そんな色の髪の毛でも目立たない国があるでしょうか?あります。【日本】です。特にビッグサイト周辺。おそらくロックは2004年時点で江東区民です。

では,ロックの親は?ロックの世界では超能力因子は遺伝するようですので,おそらく両親も相当の超能力者でしょう。超能力者が能力を隠して生活するのは難しい,と普段からロックは言ってますので,このあたりから考えて,彼の親も目立たぬように暮らしていたと思われます。おそらくロックの母親は「占い師」をしていたのでしょう。「新宿の母」みたいな感じ。父親?父親は「パチプロ」です。間違いなく。

…先日パチンコをしてて思い至りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人ロックの謎

現在発売中の『YOUNG KING OURs』(少年画報社)で「超人ロック」の新連載(冬の虹) がスタートしたとか。

それを記念して(?)ここで「超人ロックとは何者か?」について考えてみます。年代が「西暦」で「地球が舞台」という点で,『インフィニット計画』が現在発表されているエピソードにおいて時系列的に最も古いはずです。『インフィニット計画』の時点ですでにロックは「カッコー作戦」(「やりなおし」を行って他人の子供として育つ)を行っていますので,当然この時期に生まれたわけではありません。んじゃ生まれたのはいつごろかというと,カッコー作戦のノウハウを確立するまでに何回かこれを繰り返す必要があることと,『インフィニット計画』以前の情勢を想像すると,そんなに若くして死にかけるほどの事件には巻き込まれていない(当時ニムバスはすでに能力者として覚醒していましたが,表立って動いてはいないし)でしょうから,親の寿命がくるたびに(自分は4,50歳)5,6回練習をしたとして2,300年くらい必要ってことで,ロックの誕生年は1960年に決定。(←いいのか,おい?)

次は国籍ですが,『インフィニット計画』時代から,オリジナルのマトリクスを使った肉体の場合,ロックは必ず「黄緑の髪」です。ってことは,『インフィニット計画』以前も「黄緑の髪」をしていた(あるいは,この色にこだわっていた)ことが考えられます。本来自らが超能力者であることを目立たぬように暮らしていかなくてはならなかったロックが,そんな色の髪の毛でも目立たない国があるでしょうか?あります。【日本】です。特にビッグサイト周辺。おそらくロックは2004年時点で江東区民です。

では,ロックの親は?ロックの世界では超能力因子は遺伝するようですので,おそらく両親も相当の超能力者でしょう。超能力者が能力を隠して生活するのは難しい,と普段からロックは言ってますので,このあたりから考えて,彼の親も目立たぬように暮らしていたと思われます。おそらくロックの母親は「占い師」をしていたのでしょう。「新宿の母」みたいな感じ。父親?父親は「パチプロ」です。間違いなく。

…先日パチンコをしてて思い至りました。

| | トラックバック (0)

2004.01.05

申年だから戌クイズ!…?

以前仕事で客先訪問したときのことです。予定より15分程度早く最寄の駅に到着したので時間をつぶすため駅前に広がる大きな公園内を散策することにしました。あてもなくぶらぶらと歩いていると、道路工事をしているところに出ました。で,工事現場の隣に小学生か中学年くらいの子供3人がいて、小犬を紐で引っ張っていたのですが,これが結構むちゃな引っ張り方で、首輪につながった紐が犬の前足に絡んでいるのに、そのまま思い切り引きずったりしていて,犬飼歴20数年(産まれてから社会人になるまでの間,家に犬がいなかった時期がない)の私としてはとても不満のある扱いでした。

と,工事現場のおっちゃんが一人,「こら!」といいながら駆け寄ってきました。

【ここで問題です!】さて,おっちゃんは何について注意をしたのでしょう?

 A)「ここは工事現場だから,こんな近くで遊んだらあぶないからあかん!」
 B)「まだ2時50分やぞ,学校さぼってるんとちがうやろうな!?」
 C)「犬をそんな風に引きずって引っ張ったらかわいそうやろ!」

【答】
 D)「こら!あかんあかん,わしの犬,何処に連れていくねん!」

...おっちゃん,仕事場に犬連れてきとるんかい!(たしかにかわいい豆柴でしたが)

| | トラックバック (0)

2004.01.03

タイムカプセル

正月早々,とある女性アウシタンの方から郵便が届きました。今を去ること約20年前,毎週末つるんで遊び歩いていたとき,仲間内でみょーに流行って回し聴きしていたテープがあり,去年私が「久しぶりに聞きたいなあ」という話をしたら「うちにあるから送ってあげる」ということになったものです。

内容は,
(1)マッドテープ
(2)タモリのオールナイトニッポン(つぎはぎニュース)
(3)とある同人誌の企画で私が枚方市在住(当時)の有名女性アウシタンの方にインタビューをしたときのテープ

ヘッドホンをして目を閉じると,20年前のあの日が走馬灯のように脳裏を駆け巡ります…ああ,マジで泣けてきた…

…ところで,(1),(2)はともかく,(3)がなぜ私の手元になく,貴方の手元にあって,なおかつ「嫁入り先に持って」行きますか?>のんちゃん(笑)

| | トラックバック (0)

2004.01.01

年頭のご挨拶

新年早々、こんな日記を読みに来て下さった方々へ

正月だというのに、なんかほかにすることが…もとい、ありがとうございます。今年も細々とがんばって更新していく所存ですので、「見捨てないで」とは申しませんが、月に1回くらい見に来ていただけると2.3日分くらいは更新されているハズです(ぉぃ

| | トラックバック (0)

« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »