« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

2004.04.27

テレパスの恐怖

SF系小説や漫画で超能力者が迫害されるシーンってありますよね。特にテレパスは定番。プライバシーの最たるものである「心」が覗かれる。「今日何食おうかなあ」とかいうレベルならともかく,もっと邪悪な想念が暴かれる恐怖…

先日,パチンコ屋でのこと。同じシマにやたら出してるオバちゃんがいました。10箱以上積んでたと思います。ところが(パチンコにはよくある話ですが)急にハマり始めました。積んでいた箱が1つ,また1つ減っていきます。リーチ自体はよくかかってるのですが,ことごとくはずれます。ついに1000回以上回したところでオバちゃんが叫びました。「もー,みんな!『当たるな』って念を送るの,やめて!」瞬間,あたりの雑談がすべて止まりました。

!!!私は生まれて初めて心を読まれる恐怖を知りました…

| | トラックバック (0)

2004.04.25

お前は死にはしない,壊されるだけだからなァ!

「キャシャーン」がきっかけで「魂の連続性」について考えました(というか,このテーマについては前からヒマな時とかちょくちょく頭に浮かぶ)。東鉄也は父の作った装置で「新造人間」になるわけですが,TV版第1話の描写では2つのカプセルにそれぞれ鉄也と新造人間素体(メカっぽいキャシャーン)が入れられ,装置を作動させると素体側がキャシャーンになり(ヘルメット内の機械の顔が鉄也になる),鉄也の肉体自体は黒い灰のようになって散ってしまいます。視聴者に「超戦士誕生の高揚感」とともに「うわ,もう人間には戻れないんだ!」というインパクトを与えるシーンなわけですが,この場合鉄也の魂は何処に行ったの?というのが疑問。昔は視聴者(子供)も作り手の方も「当然キャシャーンには鉄也の魂が宿ってるのさ!」って感じなんですが,大人になってくると&作り手もあれこれ考証するようになってくると,「魂はどうなってんの?」と。平成版OVAではキャシャーン自身が「自分は鉄也のコピーであって,そのコピーされた記憶と思考パターンで自分が鉄也であるかのように振舞っているだけではないのか?」と悩むシーンがあります(作中では結論は出ていませんが,ラストシーンを見るとどうやら魂は宿っていたようです)。

まあ,この手の話で一番有名なのはTOSのドクター・マッコイがビーム転送について「自分は本当は最初のビーム転送時に死んでいて,今いるのは転送機に再構成されたコピーなのでは?」と悩む話ですが,他にもマゾーンのセンサーによるとアルカディア号メインコンピュータにはトチローの魂があるはずなのに,なぜハーロックは毎年墓参りをしてトリと泣くのか?とか。結局魂のコピー,ってことなんでしょうか?記憶と思考パターンがあれば,そこに「新しく魂が宿る」のでしょうか?(つーか,トチローについては,機械化人間を嫌うハーロック的にOKなの?という根本的な疑問もありますが…)こういう風に考えていくと,すんなり受け入れられるのは(悩まず見ることができる)マモーですね。身体だけクローンで,オリジナル(つっても何代目かだけど)の脳が延命しながら遠隔コントロールなら魂の問題は関係ないし。

「攻殻機動隊」のゴースト論議がこのあたりのことについて言及してるのかな?という気もしますが,何遍読んでもどーも頭に入ってこないの…

R 攻殻機動隊
著者名:士郎 正宗 出版社:講談社 出版年:1995.11 ISBN :4062080087

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お前は死にはしない,壊されるだけだからなァ!

「キャシャーン」がきっかけで「魂の連続性」について考えました(というか,このテーマについては前からヒマな時とかちょくちょく頭に浮かぶ)。東鉄也は父の作った装置で「新造人間」になるわけですが,TV版第1話の描写では2つのカプセルにそれぞれ鉄也と新造人間素体(メカっぽいキャシャーン)が入れられ,装置を作動させると素体側がキャシャーンになり(ヘルメット内の機械の顔が鉄也になる),鉄也の肉体自体は黒い灰のようになって散ってしまいます。視聴者に「超戦士誕生の高揚感」とともに「うわ,もう人間には戻れないんだ!」というインパクトを与えるシーンなわけですが,この場合鉄也の魂は何処に行ったの?というのが疑問。昔は視聴者(子供)も作り手の方も「当然キャシャーンには鉄也の魂が宿ってるのさ!」って感じなんですが,大人になってくると&作り手もあれこれ考証するようになってくると,「魂はどうなってんの?」と。平成版OVAではキャシャーン自身が「自分は鉄也のコピーであって,そのコピーされた記憶と思考パターンで自分が鉄也であるかのように振舞っているだけではないのか?」と悩むシーンがあります(作中では結論は出ていませんが,ラストシーンを見るとどうやら魂は宿っていたようです)。

まあ,この手の話で一番有名なのはTOSのドクター・マッコイがビーム転送について「自分は本当は最初のビーム転送時に死んでいて,今いるのは転送機に再構成されたコピーなのでは?」と悩む話ですが,他にもマゾーンのセンサーによるとアルカディア号メインコンピュータにはトチローの魂があるはずなのに,なぜハーロックは毎年墓参りをしてトリと泣くのか?とか。結局魂のコピー,ってことなんでしょうか?記憶と思考パターンがあれば,そこに「新しく魂が宿る」のでしょうか?(つーか,トチローについては,機械化人間を嫌うハーロック的にOKなの?という根本的な疑問もありますが…)こういう風に考えていくと,すんなり受け入れられるのは(悩まず見ることができる)マモーですね。身体だけクローンで,オリジナル(つっても何代目かだけど)の脳が延命しながら遠隔コントロールなら魂の問題は関係ないし。

「攻殻機動隊」のゴースト論議がこのあたりのことについて言及してるのかな?という気もしますが,何遍読んでもどーも頭に入ってこないの…

| | トラックバック (0)

2004.04.24

S.I.C.匠魂

コンビニで「S.I.C.匠魂Vol.3」を2箱買ってみました。S.I.C.自体は結構スキな企画なのですが,コレクター属性がそんなに強くない私にはちょっと手が出ないお値段ですので,「匠魂」はお手ごろで嬉しい感じ。中身は「01」と「ロボコン」でした。しかし…

http://www.tokusatsuhero.com/07/7011000000043.html

01はともかく,ロボコン怖すぎ…(特に目が「鳥」っぽくて…)。おなかのハッチが開くギミック付きなのですが,空けるとさらに不気味さ倍増…こんなヤツ家に来たらやだ…

| | トラックバック (0)

2004.04.21

モバイラー日記「Adhocでゴー!」

現在使用中のPDA(SONY CLIE-NX80V)はかなり気に入っているのですが,海外に行ったとき通信が使えなくなるのが弱点でした。普段メールやら情報収集やら暇つぶしをすべてPDAでまかなっている私としては,海外に出ている間PDAがただの電子手帳になってしまうのが辛くて辛くて…。通信用デバイスとしてはCFタイプのPHS(Air-H),無線LANカード,モデムカードをもっているのですが,PHSは当然海外で使えないし,無線LANは無料で使えるスポットが意外とないし(私の行動半径内では),モデムはホテルによっては交換機と相性が悪いし,なにより無線LANに慣れた身体には通信速度が遅すぎて我慢できません。

なんかいい解決策はないかなーと思ってたら,すばらしいサイトを発見しました。(いや,見つけてくれたのはぐーぐる様だけど)

『Adhoc による TH55 のネットワーク参加方法』
http://griffonworks.net/palm/adhoc-lan.html

PalmをAdhocモードで無線LAN付きPCに接続してネットワーク利用ができるようにする方法を具体的に説明して下さっています。TH55と書いてますがNX80V+PEGA-WL110の環境でもバッチリつながりました。どこで設定したらいいのかわかんない「使用チャンネル」のところは読み飛ばしましたが無問題。

私の場合,仕事で海外に行くときは必ずノートPCを持って行くわけで(でないと仕事にならない)なおかつそのPCは仕事場やホテルで必ずLAN接続できるので(これも仕事の関係上),「LAN環境さえあればどこででもPCがAP(アクセスポイント)に!」というグレートな環境を得ることができました。つーか,海外に限らず国内のホテルとかでもかなり便利。PHSも「非常用通信手段」になりそう。ありがとう!上のサイトの人!

| | トラックバック (0)

2004.04.15

平成キャシャーンのデザイン

webで平成キャシャーンのデザインを見たんですが…なんかモデルと口部分の隠れっぷりが,男性漫画雑誌によく載ってる「包茎手術の広告」(タートルネックのアレ,といえばわかる人にはわかるハズ)に似ているような気がして,たまりません…

一度こういう関連付けがされてしまった以上,もう私は平成キャシャーンを「かっこいい」と思うことはないでしょう…

4/21追記
「平成キャシャーン」じゃなくて「実写版キャシャーン」ですね。「平成キャシャーン」といえばOVAでリメイクされたやつです。TV版のエンディングと違って救いのない東一家の最期に唖然とした記憶が…

| | トラックバック (0)

2004.04.14

シガリロのススメ

私は普段(家の外では)シガリロを吸っています。ちなみに家ではパイプ。シガリロっていうのは,簡単にいうと小さい葉巻です。私の吸ってるのは20本入1箱1500円のもので,これを言うと「ええっ!高ッ!」と驚く人が多いのですが,煙草そのものにかかる出費は昔,紙巻の煙草を吸っていたとき(ロングピース2箱/1日)より減りました。

私が吸ってるシガリロはゆっくり吸うと1本20分程度かかるのですが,普通の紙巻煙草はまず1本5分程度です。つまりシガリロ1本で紙巻4本分くらい吸える,と。さらに「1本20分程度かかる」ということは,逆に「煙草を吸う時間的余裕が20分程度作れないときは吸わない」ということになりますので,例えばホームで電車を待つ時間とか,人と待ち合わせをしているとき,とかそういう細切れの時間に軽く一本,という吸い方がなくなりました。一箱でだいたい1週間(月~金)もちます。(土日は基本的にパイプしか吸わない)

まあ,人に「なんでそんなもん吸ってるの?」と尋ねられたときは,こういう話をするわけなんですが…ぶっちゃけ「美味いから」ですね。缶コーヒーと専門店のブレンドくらいは違うと思います。(もちろん缶コーヒーには缶コーヒーの良さがあるわけですが)興味のある方は機会があれば挑戦してみてはいかがでしょうか。問題は1箱が高いうえに,味も結構いろいろあるので(紙巻以上に特色が強いように思います)1回ハズレをひいてしまったときのダメージがでかい,ということですね。私も今の銘柄に出会うまで結構苦労しました。初心者の方は「身近に吸ってる人を見つけて,もらいシガリロ」がいいと思います。大丈夫,シガリロを吸っている人はまわりの「変なヤツ…」という視線に耐えながら同好の士を探しているのですから,快く1本くれるはずです。そうやって自分に合った銘柄を探してみてください。

そうそう,そのときは「とりあえず貰った1本はちゃんと吸いきる」ことを最低限のマナーとしてくださいね。その人はあなたに「自分の寛ぎ(20分相当)」をくれたのですから。

| | トラックバック (0)

2004.04.10

大回転(実話)

土曜の午後,ゆきずりの主婦風女性と…

「いっぱい出てますね…」
「いつもはこんなんじゃないんですけど,今日は特別…あっ,また!」
「たてつづけですね…」
「さっきからずっと止まらなくて…もう手が痛いんです」
「みんなチラチラ見てますよ」
「ああ,なんか恥ずかしい…」

パチンコ屋で隣に座っていた18連荘中の女性との会話(その後結局大当たり合計25回で帰られました)

私?5k負けました…

| | トラックバック (0)

2004.04.04

『鋼の錬金術師』最新刊に追いつく

鋼の錬金術師 1
著者名:荒川 弘 出版社:エニックス 出版年:2002.01 ISBN :4757506201

てなわけで,簡単に追いついちゃいました,『鋼の錬金術師』最新刊まで…面白い漫画は追いついちゃってからがキツいなあ…ドラゴンボール完全版も全巻出ちゃったし。

あんまり「錬金術」そのものについてマニアックにアプローチしていない,どちらかというとキャラクター描写をするための小道具的にあっさりと描いているところが最初は物足りないような気もしたのですが,読み進むうちに,これはこれでいいんだと思うようになりました。まあ,あまり「錬金術対戦」やら「等価交換というルールの中で如何に相手の裏をかいて使うか」をやっちゃうと「ジョジョ」とか「HUNTER×HUNTER」の方にいっちゃいますしね。

線がやわらかい絵を描く人なんだなあ,と思っていたら,モーニング連載「取締役島耕作」のハシラで弘兼氏が「ハガレンの作者が女性なのを授賞式で知って驚いた」とか書いてるのを見つけました。いや,女性だと描く線がやわらかいのか?と言われると,それは謎ですが。

それはそうとして,「ハガレン」以外に今お気に入りなのは『トニーたけざきのガンダム漫画』(トニーたけざき)です。

トニーたけざきのガンダム漫画
著者名:トニーたけざき 出版社:角川書店 出版年:2004.03 ISBN :4047136107

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『鋼の錬金術師』最新刊に追いつく

てなわけで,簡単に追いついちゃいました,『鋼の錬金術師』最新刊まで…面白い漫画は追いついちゃってからがキツいなあ…ドラゴンボール完全版も全巻出ちゃったし。

あんまり「錬金術」そのものについてマニアックにアプローチしていない,どちらかというとキャラクター描写をするための小道具的にあっさりと描いているところが最初は物足りないような気もしたのですが,読み進むうちに,これはこれでいいんだと思うようになりました。まあ,あまり「錬金術対戦」やら「等価交換というルールの中で如何に相手の裏をかいて使うか」をやっちゃうと「ジョジョ」とか「HUNTER×HUNTER」の方にいっちゃいますしね。

線がやわらかい絵を描く人なんだなあ,と思っていたら,モーニング連載「取締役島耕作」のハシラで弘兼氏が「ハガレンの作者が女性なのを授賞式で知って驚いた」とか書いてるのを見つけました。いや,女性だと描く線がやわらかいのか?と言われると,それは謎ですが。

それはそうとして,「ハガレン」以外に今お気に入りなのは『トニーたけざきのガンダム漫画』(トニーたけざき)です。

| | トラックバック (0)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »