« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004.05.31

パチスロ「北斗の拳」の謎

この週末ずっと(合計12時間くらい)パチスロ「北斗の拳」を打っていました。もちろんボコボコに負けました…

それはともかくとして,ひとつ気付いた点があります。ガイドブックによると期待度アップのサインのひとつに「ケンシロウのアクション」があります。ケンシロウが「はあっ」と上着を破ったり,「ぬおぉぉぉ」と湯気(オーラ)を出したりするわけですが,女性キャラ(マミヤorリン)が同行していると,このアクションに対し二人とも「すごく嫌そうな」そぶりを見せます。特に湯気。二人ともあからさまにケンシロウから目をそむけます。ちなみにレイ@南斗水鳥拳は平気,バットはなぜかうれしそうに周りを見回すことが多いです。

…もしかして,これってケンシロウのセクハラ?

| | トラックバック (0)

2004.05.30

お引越し

よその日記サイトからこちらに引っ越してきました。前のサイトに特に不満はなかったのですが,写真データを(タダで)アップできる&よく考えたらniftyのIDを持っていた,ってことで。

はじめて読んでくださった方はこれから宜しくお願いします。今まで読んでくれてた方はこれからも宜しくお願いします。

| | トラックバック (0)

2004.05.22

ミーは前から思ってたんだけどスァ~

ニャンチュウの声って「ルー大柴」じゃなかったのね…

| | トラックバック (0)

2004.05.15

♪赤いボタンを知ってるか~

急いでいたので駅までバスに乗ったときのこと。普段あんまり乗りなれていないバスなので,車内案内で「次は『光が丘IMA』~」と流れたところで降車ボタンを押しました。「ピンポーン」「次,止まります(合成音声)」

『うぎゃ~!!!』とたんに車内,つーか私の座っていた真後ろの席から絶叫が!

『うわぁぁぁん!ボクが,ボクがぁ~!ボクが押そうと思っていたのにぃ~!』幼稚園就学前くらいのお子様が激しく泣きじゃくっています…『パパが今日はボクが押していいっていったのにぃ~!』

幸いなことに車内の誰も「降車ボタンを押したのが私」であることには気付いていないようでしたが,お互いにまわりを見回しながら「いたいけな幼児の無邪気な楽しみを奪った冷酷な犯人」を探しています…幼児の泣き続ける声と交錯する犯人探しの視線の中,光が丘IMA到着までの数分間が無限に感じられました…

…これって私が悪いの??

| | トラックバック (0)

2004.05.12

『芦の会』の謎

「変な電話を嫁さんが受ける」つながりで新婚の頃,嫁さんがとった謎の電話について。相手は年配のおばさんっぽい女性だったとか。

女「もしもし,Aさんのお宅ですか」
嫁「どちら様ですか?」
女「ワタクシ●●学園(←私の母校である私学の男子校)のOBの方々に,芦屋のご令嬢とのご縁談をご紹介させていただいております,『芦の会』(?)と申します。このお電話はAさんのお宅で間違いございませんね?」
嫁「…はい」
女「Aさんはご在宅ですか?」
嫁「あいにく外出しておりまして…」
女「いつごろお戻りになられますでしょうか?」
嫁「多分夜になるかと…」
女「そうですか…ところで,ワタクシ先ほどから気になっておりますのですが…失礼ですがあなた様はどちら様でしょうか?」
嫁「わ,私ですか?」
女「そうです!」
嫁「つ,妻です…」
女「…まあ!…ということはAさんはすでに…」
嫁「…はい」
女「…そうでしたか…いつごろご結婚を?」
嫁「今年の春に…」
女「…そうですか…ご連絡が半年ほど遅かったんですねぇ…」
嫁「…あの,どうもすいません…」
女「…いえ,しょうがないですね…ところでAさんには独身のご兄弟などは?」
嫁「あいにく…」
女「…そうですか…どうも失礼いたしました…」
電話,切れる。

終始上品な口調だったとか。独身だったら本当に芦屋のご令嬢を紹介してくれたのでしょうか?しかし,なぜ芦屋のお嬢様限定?なぜ●●学園OB限定?いろいろと確かめたいのですが,当然ながらそれ以来『芦の会』から電話はかかってきません…私にはもうその資格はないのです…

| | トラックバック (0)

2004.05.11

♪オ~レ~オレオレオレ~

仕事で出張中,自宅にこんな電話がかかってきたらしいです。

男「○○にお勤めのAさんのお宅ですね?私◇◇の△と申します」
嫁「はぁ」
男「さきほどAさんが交通事故にあわれました!」
嫁「ええっ!?どっ,どこで?」
男「会社の裏の交差点です」
嫁「そ,それで!?」
男「幸いAさんの怪我はたいしたことがないのですが…相手と同乗者が…」
嫁「同乗者?夫は車に乗ってたんですか?」
男「…あ,ご存知なかったですか(小声でつぶやくように)家族に内緒か,まずいな,でもこの場合しょうがないな,緊急だし…そうです,車を運転されてました」
嫁「すいません,もう一度確認したいんですが,どこで車に乗ってたんですか?」
男「だから会社の裏の交差点です」
嫁「●●の?(会社のある大阪某所の地名を挙げて)」
男「そうです!●●です!それでですね…(話を続けようとしている)」
嫁「…それ,ホントの話ですか?」
男「………」
ガチャン,ツー・ツー・ツー…

そもそも私は仕事で車を運転することなどありえない職種ですし,出張中なのに自分の会社の裏で事故にあった(しかも具体的な事故の場所を自分から言わなかった)ってところが,普段ちょっと抜けたところのある(笑)私の嫁さんでも「怪しい!」と感じたそうです。しかし,だとしたら嫁よ,せっかくそんな面白い電話がかかってきたというのに,なぜ最後まで話させないんだ!もったいない…

その後近所の警察署から自治会経由で回覧が回ってまして,該当する時間に同一地区で数十件,同様の電話があったそうです。組織的犯行だったようですね。嫁さんも回覧を見て警察に連絡したところ,上記のような導入部分に続いて,泣き叫ぶダンナ/泣き叫ぶ同乗者(の家族)/泣き叫ぶ事故相手(の家族)がかわるがわる登場して,至急金を振り込むように言うとか。なんかすごくばかばかしいような気もしますが,2軒ひっかかったそうです。そのうちの一軒は,

夫に成りすました泣き声「500万振り込んでくれ~(涙)」
妻「い,今150万くらいしかないわ!」
夫に成りすました泣き声「じゃあそれでいいから~(涙)」

で,150万だまし取られたとか。しかし「じゃあそれでいいから」ってキミ…

| | トラックバック (0)

2004.05.09

GWの成果?

前半は家族旅行などしていたのですが,後半はのんびりと漫画読書。読んだのは,

「カードキャプターさくら」(全巻)

カードキャプターさくら 1
著者名:CLAMP 出版社:講談社 出版年:1996.11 ISBN :4063197433

そのあと続けて,

「子連れ狼」(全巻)

子連れ狼(1)
著者名:小池 一夫 出版社:小学館 出版年:1973.01 ISBN :4091904017

我ながら落差がたまりませんわ(知世ちゃん風)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWの成果?

前半は家族旅行などしていたのですが,後半はのんびりと漫画読書。読んだのは,

「カードキャプターさくら」(全巻)

そのあと続けて,

「子連れ狼」(全巻)

我ながら落差がたまりませんわ(知世ちゃん風)

| | トラックバック (0)

2004.05.06

GWのある日

家族がみんな出かけて一人留守番をしていたGWの午前中,NHKで「いないいないばぁ」をやっていたので,なんとはなしに見ていたら,ワンワン(メインキャラ,つーか主人公?犬の着ぐるみ。女の子は歴代何人か変わっているが,ワンワンはずっと変わらず)が満開のサクラの花の下を「♪さくら~,さくら~」などと歌いながら散歩していた。で,日本風情のよさを語ったうえで「あー,日本【犬】に生まれてよかった!」

いや,お前絶対日本犬と違うし。

わんわん→http://www.nhk.or.jp/kids/program/index.html

| | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »