« NX80即死 | トップページ | 超えられない壁、最新版 »

2004.09.20

昨日の続き

てなわけで、夕べ一晩PDA系雑誌のバックナンバーとかwebサイトをあれこれ眺めて検討した結果、今朝一番で日本橋(大阪の電気店街)に行って、買ってきましたですよ!

CLIE PEG-NX80Vを!!

結局また同じ機種かよ!という声も聞こえそうですが、一応いろいろ検討した結果なんです。

まず、この2年くらいNX70→NX80と使い続けて蓄積されてきた各種データやソフトがそのまま継承できる(仕事にも結構使っているので、移行に必要以上に時間をかけるわけにはいかない)という点から、競合機種は同じくCLIEのUX50

私にとっての選択ポイントは、
1.「無線LAN内蔵」(UX50)対「CFカード使用可能」(NX80)
2.「31万画素デジカメ」(UX50)対「127万画素デジカメ」(NX80)
3.「押しやすそうなキーボード」(UX50)対「ほとんど使ったことのない簡易キーボード」(NX80)
4.「175g」(UX50)対「235g」(NX80)
の4点。あとのスペック差はほとんど意識しませんでした。

1.については、使用頻度は無線LANがほぼ90%くらいを占めているのですが、残り10%のAir-H"使用というのが無縁LANにアクセスできない場所での業務用メールの確認とか「現状では(自分の都合だけでは)どうしても切り捨てられないもの」って点でほぼNX80の不戦勝。UX50の無線LANアクセスポイントを検索できる機能は魅力的なんですけどね。あと、CLIE対応のCFカード資産が「無線LAN」「Air-H"」以外にも「メモリーカード」「有線モデムカード」「IBMマイクロドライブ」、とすでに一通り手元にそろっているのも大きな要因でした。

2.については仕事で会議のホワイトボードを撮影したり(そのまま会議参加者にメール送信)するために使うことが多く、31万画素ではちょっと心もとないのはNX70時代の経験で明らかだったので、やはり現状より後退するわけにはいかんだろう、という判断でNX80の勝ち。

3.は、なまじNX80の簡易キーボードが酷すぎて今までほとんど使ったことがなく、代わりに「デクマ手書き入力」にかなりなじんでしまった今となっては、「あればうれしいけど、他との兼ね合いかなー」という程度でした。

4.はかなり悩みました。常時携帯するPDAにとって、重さが3/4っていうのはすごく魅力的です。「たかが60gの差」という人もいらしゃるでしょうが、片手でホールドするわけですから軽ければ軽いほどいいわけで、上記1.、2.の評価を覆すほどのポイントでした。店頭で実機を手にとった時は、その軽さにかなり心が揺らぎました……が、ディスプレイパネルを開いて見たとたんしわしわ~と……液晶小さすぎ!なんかNX80より一回り小さいんですよ。携帯みたいに短いメールをちょこっと確認する程度なら小さくてもいいんですけどね、移動中にテキストビュアーとして長時間使う場合、いい歳したおっさんには液晶は大きいほどいいです。あと、表示の縦横回転ができれば再度心は動いたんですけど。

てなわけで結局NX80を買って帰り、速攻で復旧(壊れたマシンと同じ名前にしてバックアップを戻すだけ)しました。

そういえばVZ90なる新機種が今週末に発売されるようですが、9万円台はあんまりでしょう(苦笑)6万円台なら飛びついてますが。

|

« NX80即死 | トップページ | 超えられない壁、最新版 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35672/1482312

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の続き:

« NX80即死 | トップページ | 超えられない壁、最新版 »