« 認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを | トップページ | 人生いつまでも勉強です…… »

2004.10.29

「鉄人28号」読了

鉄人28号
著者名:重馬/敬 出版社:角川書店 出版年:2005.04 ISBN :4048735683
出版社/著者からの内容紹介 光プロ公認のオリジナルストーリーで、無敵の鋼鉄巨人が蘇る! TVアニメ版“鉄人28号”のプロデューサー大月俊倫氏も絶賛のオリジナル小説、登場。第二次世界大戦後、世界同時暴力革命をもくろむゼット団。彼らの陰謀をはばむため少年探偵・正太郎と鋼鉄の巨人が立ち上がる!

読み終わってから上記紹介文(amazon.co.jp)を読んだのでちょっとびっくり。登場人物の位置関係が変更されているのは読み切り小説として、またテーマを絞り込む上で特に問題なかったです。若かりし頃、秋田書店文庫版を全部読んだ私ですが、その点は違和感なし。パラレルものとして読めばノープロブレムです。しかし、本作品、「なぜ金田正太郎は子供のくせにああもスーパーマンぶりを発揮できるのか」という「古きよき少年漫画のお約束」に対して「凄まじい理由」を設定しています。「こんな設定にしていいのか?」と思ってたら「光プロ公認」ですか……うーむ。これを読んでから漫画版(つーか、原作)を読んだら印象がかなり変わりそうな感じがします。

漫画版ファンで、鉄人のアクションシーンが好きな人にはちょっと合わない内容ではないかと思います。それ系の描写はほとんどありません。

|

« 認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを | トップページ | 人生いつまでも勉強です…… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35672/16155899

この記事へのトラックバック一覧です: 「鉄人28号」読了:

« 認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを | トップページ | 人生いつまでも勉強です…… »