« 「トリビアの種」って | トップページ | 「機動戦士クロスボーンガンダム スカルハート」読了 »

2005.01.26

「機動戦士クロスボーンガンダム スカルハート」読了

機動戦士クロスボーン・ガンダム−スカルハート
著者名:長谷川 裕一 出版社:角川書店 出版年:2005.01 ISBN :4047136972

出張帰りに「機動戦士クロスボーンガンダム スカルハート」(長谷川裕一)を購入。以前この漫画家さんの著作「すごい科学で守ります!」&「もっとすごい科学で守ります!」(スーパー戦隊シリーズや仮面ライダーの科学を体系だてて解説したもの)を読んで、その発想というか「作品に対するスタンス」がすごく好きになりました。最近は「鉄人28号」も描いていて、そっちは購読しているのですが、ガンダム系作品は画風が私のガンダム世界イメージにちょっと合わない気がして敬遠していました。ところが、本屋さんで見かけた本書のオビに、

>今度の敵は”アムロ・レイ”!?
>一年戦争最強のNTアムロ・レイの"脳"をめぐる戦い

なんて書いてあるんです。これは見逃せません。逆シャアから40年後、という設定のクロスボーンガンダム世界でアムロをどう絡めるのよ?ということが気になって速攻で購入しました。

----

さすがは長谷川裕一氏。こういう話を作る場合、つい「オレ設定」で「逆シャアのラスト後、宇宙空間を漂うガンダムのコクピットから発見された仮死状態のアムロの脳を摘出した某組織が……」とかとりかえしのつかないこと(?)をやっちゃったりするわけですが、長谷川氏は過去のガンダム(TV作品)で実際に映像化された部分を使って違和感なく「VSアムロ」状態を創り出しています。話の締め方も一年戦争世代には「(ちょっとできすぎだけど)最後はそうでないとね」と思わせるもので、非常にマンゾク。短編集なので「クロスボーンガンダム」シリーズの予備知識がない方でも楽しめるものになっています。ガンダマーの方に強くオススメしたい逸品です(笑)。

すごい科学で守ります
著者名:長谷川 裕一 出版社:日本放送出版協会 出版年:1998.03 ISBN :4140803649
もっとすごい科学で守ります
著者名:長谷川 裕一 出版社:日本放送出版協会 出版年:2000.08 ISBN :414080503X

|

« 「トリビアの種」って | トップページ | 「機動戦士クロスボーンガンダム スカルハート」読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35672/16155904

この記事へのトラックバック一覧です: 「機動戦士クロスボーンガンダム スカルハート」読了:

« 「トリビアの種」って | トップページ | 「機動戦士クロスボーンガンダム スカルハート」読了 »