« U101退院 | トップページ | 単純なものほどハマる »

2005.04.15

監督不行届

安野モヨコの漫画というのはヤングマガジンあたりに連載されていたものを時々目にする程度だったが、知人に薦められて初めて買った。

「エヴァンゲリオン」の監督として有名な庵野秀明との結婚生活を通して「オタクとのカルチャーギャップ」を面白可笑しく描くエッセイ漫画…という感じなのだが、私に言わせれば安野モヨコ自体が結構オタクだと思う。(漫画家という職業自体、ある種のオタクでないと勤まらないのではないだろうか?)本人は「オタクのダンナと結婚したせいでオタクに染まってきてしまった!(でもそれが楽しい)」というストーリーを書いているつもりのようなのだが、私には「オタクを隠してきたオサレ系の女性がオタクとの結婚を機にカミングアウトしてすっきりした」という話にしか見えなかったりする。どっちにしろ面白いのだが。

|

« U101退院 | トップページ | 単純なものほどハマる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35672/16155909

この記事へのトラックバック一覧です: 監督不行届:

« U101退院 | トップページ | 単純なものほどハマる »