« 1/3640000 | トップページ | ちょっと笑ったこと »

2005.05.31

「新・世界の七不思議」読了

新・世界の七不思議
著者名:鯨 統一郎 出版社:東京創元社 出版年:2005.02 ISBN :4488422020

「邪馬台国はどこですか?」の続編。今回のネタは世界史で、
・アトランティス大陸
・ストーンヘンジ
・ピラミッド
・ノアの箱舟
・始皇帝
・ナスカの地上絵
・モアイ像
の7編。

登場人物は前回同様、宮田六郎、早乙女静香、松永某(バーテンダー)と、前作の歴史学者三谷敦彦教授(日本史)に代わりジョセフ・ハートマン教授(古代史)。松永というキャラ(素人)への説明、および奇抜なアイデアを出す宮田に対し早乙女が考古学会の「常識」を語って「あんたこんなことも知らないの?」と罵倒させるスタイルにより、あまり歴史に詳しくない私でも前作同様楽しめた。(歴史に限らず)こんなふうに酒を飲みながら共通する話題で知識と知恵をぶつけあうのは楽しかろう。最近こういう会話をしていないなあ、とちょっとしょんぼり。

個人的には「アトランティス」と「ノアの箱舟」になるほどと唸らされた。これの続編を書いていくのは作者にはかなりつらいことと思われるが、是非続きが読みたいシリーズである。

|

« 1/3640000 | トップページ | ちょっと笑ったこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35672/16155918

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・世界の七不思議」読了:

« 1/3640000 | トップページ | ちょっと笑ったこと »