« がんばれイトヒロさん | トップページ | 巨大ロボットのリアル感 »

2005.05.25

「バジリスク−甲賀忍法帖」全5巻読了

バジリスク−甲賀忍法帖 1
著者名:せがわ まさき 出版社:講談社 出版年:2003.05 ISBN :4063461971

原作はいわずと知れた山田風太郎の小説。

甲賀忍法帖
著者名:山田 風太郎 出版社:角川書店 出版年:2002.12 ISBN :4041356466

漫画のタッチは永井豪(or石川賢)系統なのだが、女性の描き方が可憐かつ淫靡(笑)。正直言って永井豪や石川賢の描く「くのいち」に色仕掛けの忍術?をかけられても恐怖に足がすくんでしまいそうなのだが(ぉぃ)、せがわ氏の描く女性キャラは男性キャラと同一世界上にあって違和感がないのに女性らしさが描かれているように思う。冷静な薬師寺天膳が陽炎の術にかかってしまうのも絵的に納得がいく。要は「私の好みの絵柄」ってことなんですけどね。また、全体的に漫画的演出があっさりとしていたりエロティックな描写をあえて減らしたりしているようであるが、逆にこれがよい効果を生んでいるように感じた。一気に全巻読んでしまった。原作は昔読んだ記憶があるのだが、再度読みなおしてみようと思う。

|

« がんばれイトヒロさん | トップページ | 巨大ロボットのリアル感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35672/16155916

この記事へのトラックバック一覧です: 「バジリスク−甲賀忍法帖」全5巻読了:

« がんばれイトヒロさん | トップページ | 巨大ロボットのリアル感 »