« 「エマ」第6巻 読了 | トップページ | Yogurting(2) »

2005.09.04

「金色のガッシュ!!」既刊(22巻)読了

金色のガッシュ!! 1
著者名:雷句 誠 出版社:小学館 出版年:2001.05 ISBN :4091262317
多分夏の映画のTVCMがきっかけだと思うのですが、なんとなく1巻を買ってみたら意外と面白かったので、そのままずるずると(笑)ストーリーに関しては小学館コミックスは書誌情報の「出版社からのコメント」がやたら充実しているのでそちらをご覧ください。

子供向けのバトルものなんですけど、基本的に「やられても死なない」(魔界に帰るだけ)という設定のため後味は悪くありません。なんとなく少年ジャンプに載ってても違和感のない「努力、友情、勝利」に満ち溢れた展開となっております。個人的にはガッシュが幼児っぽかったり、時にすごい大人びた考え方をしたりする「ぶれ」が気になるのですが。あるいは主人公?の高嶺清麿の天才中学生っぷりがイマイチ表現されていないところとか。戦力的にまだまだ他の魔物に劣る、人間界に関する知識もまったくないガッシュを、清麿がいかに天才的な戦略を用いたり、相手の本の持ち主(人間)の心理の裏をついて勝利に導くか…みたいなところを細かく書けばもっと面白いのにな〜と思いつつ、そこをやりすぎるとjojoとかH×Hみたいになってしまう(お子様おいてけぼり)からこれはこれでいいのかな、とか。あと、すごいシリアスな展開でいきなりギャグキャラを出してきて、そのまま何ページもそのネタをひっぱる、というところは最初かなり違和感がありましたが、15巻を過ぎたあたりから慣れました。これを乗り越えられるかどうかで評価が分かれるような気もします。

そういえば、10巻分くらいヒロインであるはずの水野鈴芽が本編にまったく登場しないのが不憫です。

|

« 「エマ」第6巻 読了 | トップページ | Yogurting(2) »

コメント

大きい著者や、著者と面白いのに雷句誠とか大きい小学館コミックなど過ぎたあたりから慣れました
読書犬ペロが、面白いのに戦力とかを設定するの?

投稿: BlogPetの読書犬ペロ | 2005.09.11 09:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35672/16155946

この記事へのトラックバック一覧です: 「金色のガッシュ!!」既刊(22巻)読了:

« 「エマ」第6巻 読了 | トップページ | Yogurting(2) »