« まさに外道ジェネレータ | トップページ | ハロ携帯ストラップ »

2005.09.16

「ぼくらの」既刊読了

ぼくらの 3
著者名:鬼頭 莫宏 出版社:小学館 出版年:2005.06 ISBN :4091885047
うわーん、後味悪いぞ〜!いや、面白いんだけど。読後スッキリ「あー、面白かった!」と思える人は少ないのでは?でも続きが気になる。破滅しか待っていないはずの登場人物たちがどうなるのかが。

第一巻の帯にジョージ秋山の推薦文がついているのですが、作中で登場人物が(名前こそ挙げないものの)語っている漫画「ザ・ムーン」と似ているのは「少年少女が巨大ロボットを操って世界を守ろうとする」という部分だけ。「ザ・ムーン」の子供達は「善なるもの、無垢なるものの象徴」でしたから。どっちかっていうと秋山作品なら「デロリンマン」に近いような気もします。ドラマが進むにしたがって、登場人物のどろどろした内面が吐露されていく、という点で。

うう、続きが気になる…いっそ連載が終了してから全巻イッキ読みするんだった…orz

|

« まさに外道ジェネレータ | トップページ | ハロ携帯ストラップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35672/16155947

この記事へのトラックバック一覧です: 「ぼくらの」既刊読了:

« まさに外道ジェネレータ | トップページ | ハロ携帯ストラップ »