« 雑感 | トップページ | 出遅れた! »

2005.10.15

グイン・サーガ【104】「湖畔のマリニア」読了

湖畔のマリニア
著者名:栗本 薫 出版社:早川書房 出版年:2005.10 ISBN :4150308187
なんだなんだ、第二世代シリーズに突入の予告か?私のこの巻の印象を一言で書くと「栗本奥様劇場 愛のさざなみ

マリウス「奥さん、いや、かわいいフ○リー!あなたはなんて可憐で(以下略)」
フ○リー「い、いけません!神が、神がご覧になっています…」
マ「いいじゃないですか…」
フ「それに私には愛するあの方との子供が…」
マ「いいじゃないですか…」
フ「い、犬聾も見ていますし…」
マ「グイン、ちょっとあっちに行っててくれないか?」

つーか、本気で逃げるつもりで約束を守れなかったイシュトと、イシュトに対する対抗心50%性欲50%で迫るマリウス…どうみてもこの巻、マリウスの鬼畜度アップです。自分の娘の名前を挙げながら子持ち女を口説く、っていうのも変態度高すぎ。嗚呼マリウスはどこまで行ってしまうのでしょうか?(ワクテカ)

個人的大予想(200巻くらいの展開)


マリウスの娘を奪い合うイシュトの腹違いの息子2人

|

« 雑感 | トップページ | 出遅れた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35672/16155951

この記事へのトラックバック一覧です: グイン・サーガ【104】「湖畔のマリニア」読了:

» 本: グイン・サーガ 104 湖畔のマリニア [Pocket Warmer]
書名:グイン・サーガ 104 湖畔のマリニア 著者:栗本薫 出版:早川書房 評価 [続きを読む]

受信: 2005.10.24 01:52

« 雑感 | トップページ | 出遅れた! »