« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005.12.31

紅白歌合戦

FMを5時間くらいやって、ちょっと疲れたのでPS2の電源を切ったら紅白をやってました。ちょうど布施明の「少年よ」の終わりかけで、響鬼さん(人間態)が「しゅっ!」ってしてました…

うーん、個人的には応援に駆けつけるのは轟鬼さんがよかったな~。
で、
「ちょっと、響鬼さん!なに赤組の応援やってんスか!?」
「いや、オレ、響鬼・紅(くれない)だし」
「なんスか、それ~!?」
とかやって欲しかった…
NHKも中途半端に仮面ライダー視聴者のお子様向けサービスするなら、せっかくの「歌合戦」&「音撃戦士」なんだからライダー全員出せよ、と(←私が見る直前まで出てたそうです。詳細はコメント)。舞台上で全員で和田アキ子でも退治するとか。

あと、平井堅!オレはお前が紅白で「POPSTAR」をスプーやアネムと踊るのを楽しみにしてたんだゾ!なんで出場しないんだ!

てなわけで、今年もいろいろありましたが、皆様よいお年を。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.30

FRONT MISSION 5 Scars of the War

てなわけで(?)年末年始をだらだら過ごすアイテムとして「FRONT MISSION 5 Scars of the War」を買ってきましたですよ。PS2のゲーム買うのはドラクエ8以来です。(ほぼ一年ぶり)

とりあえず5時間くらいやってみました(笑)いやー、CGの世界はどんどん進んでるんですねぇ。ドラマ部分のCGアニメはすばらしいと思います。ゲーム自体は相変わらずヴァンツァー(人型機動兵器)をちまちま改造しながら戦い進んでいく、いつものFMなので遊ぶ人を選ぶカモ。私は好きですが。特に「リアルタイムバトル」じゃないところが(笑)パイプを吸いながらゆったり楽しめますからねえ。

しかし、あと20年たったらどんなゲームが出てるんだろうなあ…

私の夢は定年退職後、年中暖かい南の島に移住してネットとゲームと読書三昧の引きこもり余生を送ることです。(マジで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.29

「オタクエリート」創刊号読了

オタクエリート No.1
著者名: 出版社:ビブロス 出版年:2005.12 ISBN :4835218302
ほんつなのDBを見て「No.1」が「エリート」にかかってるかのように誤解される人もいるかもしれませんが(♪宇宙、スペース、No.1〜 みたいに)、この「No.1」は第一号の意味。ISBNコード付ですが季刊誌っぽいですね(次号は2006年春の予定)。

巻頭言「OTAK宣言」にて

本書は【オタク】を娯楽、文化として、また産業として、包括的に捉えていこうとするものです。書名には、その未来を担う、創造性と生産性を兼ね備えた人種【オタクエリート】が1人でも多く現れてほしい、という願いが込められています。
と高らかに宣言しています。

とりあえずオタクの末席に位置する者として、書店で見かけて速攻で一冊購入しました(私のオタクの勘が「今買っておかないと二度と入手できない」とささやいたので…)。パラパラ読みレベルのイメージは「オタクはかっこ悪くない、ほら、こんなにすごい人もオタク(とそれを取り巻く事象)を認識してるでしょ?」臭がちょっときついかな、と。

まあ、そういう思惑は置いておくとして、鳩山由紀夫やら平沢勝栄に漫画やアニメネタでインタビューをするという、この切り口は個人的には面白いと思います。鳩山由紀夫が「I”S」を週刊連載時に読んでいた、とか


I”S 1
著者名:桂正和
出版社:集英社
出版年:1997.09
ISBN :4088724119


平沢勝栄に「ケロロ軍曹」を読ませて感想を求めるとか(なんかまじめに答えてるし)、

ケロロ軍曹 1
著者名:吉崎観音
出版社:角川書店
出版年:1999.12
ISBN :4047133078


この方向でずっと突っ走り続けてほしいものです。だんだんダレてきて「ちょっとマニアックなホビー誌」あたりにおちつかないことを切に祈りたいです。とりあえず「アニメ製作者サイドのインタビュー」が載り始めたら危険信号。

オマケに「第二回全国統一オタク検定試験」願書と過去問解説がついてます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

そういえば

去年の今頃はだらだらとドラクエをやりながら、ネットで「痴漢男」のまとめサイトを読んでた記憶があるのですが、今年はだらだらやるゲームもなく、「親父に呼ばれて実家に戻ったら許嫁が決まってた」のまとめサイトを読んでるという…進歩のないことに気づいて愕然…としているわけでもないわけですが。休みだしね。

banner

いや、とりあえずごのソフトができたらホントに買うよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.28

「鉄人28号」原作完全版 1〜3読了

鉄人28号 1
著者名:横山光輝 出版社:潮出版社 出版年:2005.11 ISBN :4267905010

昔秋田書店版で読んでいたのですが、(↓コレ)


鉄人28号 第1巻
著者名:横山光輝
出版社:秋田書店
出版年:1969.08
ISBN :4253061842

今回の「原作完全版」は雑誌「少年」本誌・別冊付録、増刊、「中一時代」「たのしい幼稚園」、月刊「ジャンプ」に掲載された全ストーリーを紹介したもの。ストーリーの重複部分については最小限の変更を行い、散逸した雑誌連載時の原稿はパソコンや「著者のタッチを熟知した人が直接トレース・模写を行う」という荒業を使用しています。(巻末「読者の皆様へ」をはしょって紹介)

一番のポイントは従来のシリーズでは「いきなり鉄人が金田正太郎少年のコントロール下に置かれている」所からスタートする「ロボットプロレス」的エピソードのみが収録されてきたのですが、本シリーズでは「突然現れて操縦器(リモコン)なしで暴れまわる」「複数の組織で奪い合い」という人間アクションメインの導入部分からちゃんと収録されています。今読んでもぜんぜん違和感なく作品世界に入っていけます。ちなみに3巻終了時点で鉄人、しっかり敵組織に奪われて行方不明です。

知らない人もいるかもしれませんが、鉄人が「外付けのロケット」(標準装備ではなくサードパーティ製のオプション)で飛べる&泳げるようになるのは3巻から。それまでは歩いたりトレーラーで輸送されたり、潜水艦に括り付けられたりしてます。ちょっと驚いたのは独立連動システム(鉄人は各パーツが独立したシステムで構築されているので、たとえば腕をもがれても他の部位の動作にはまったく影響を及ぼさないという、後のエピソードで鉄人の強みとして描かれる設計思想)に関する記述が3巻の時点でちゃんと敷島博士によって解説されていること。さすが横山光輝!

全24巻とのことなので、これからも楽しめそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

U101退院

18日に入院したU101が26日に帰ってきました。

電話連絡によると、サービス明細書のお客様ご指摘内容「キー入力時、マウス操作時にエラー音が出る」「システムノットファウンドが黒面で出てフリーズ」は先方ではまったく再現できなかったそうなのですが、HDDに初期不良が発見されたそうで(ぉぃ)再び全とっかえで帰ってきました。いや、そのHDDって前回とっかえたばかりじゃねーのか?

まあ、前回と違うのは起動しなくなる前に各種設定を外付けHDDにバックアップできたことで、昨晩深夜からあれこれ(家族サービスの合間に)やって、ほぼ元通りに復旧。

U1011228

しかし、こうやって見ると机の上、キタネーなぁ…年末大掃除でもするかな…いや、思っただけ。(←片付けたら負けかなと思っている)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

エロトラックバック対策

なーんかいい方法ないもんですかねえ?

特にエロ方面を強化した記事を書いてるつもりもないのですが、連日エロトラックバックの嵐です。この二日間で500件以上トラックバックがついてます。トラックバック一覧の表示が崩れるくらい(とほほ

EROTB.JPG

これが本ブログの記事に対する本当のトラックバックならうれしい悲鳴なのですが、「でかい乳輪」とか「ゴールデンシャワー」とかそんなタイトルのエロトラックバックばっかりなのでただの悲鳴です…orz

他のほんつなブログの会員さんを見てもそんなにエロトラックバックがついてるようには見えないし…いったい何が悪いんでしょう?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.12.27

仕事納め

今年最後の東京出張から帰って、お気に入りのガード下ホルモン焼き屋(in鶴橋)で一人忘年会。

いや、今年はよく働いたなあ…誰も誉めてくれないから自分で誉めてあげました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.24

HAPPY X-mas miniGROW

EYEZMAZE FLASH GAME PLANETの最新作、HAPPY X-mas miniGROWが公開されていることにさっき気づいて早速挑戦。

クリスマスご祝儀か、かなり難易度低めでした(笑)

grow

まあ、イヴの夜にパズルで激しく悩まされるのもアレですしねえ。心地よい達成感で寝るのがよいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.23

年末吸い納めの儀

ゴースモの「年末吸い納めの儀」に参加しました。

喫煙者関係のオフ会に出かけるのはFSMOKE終了以来だから久しぶり。夜の8時から翌朝6時まで、六本木ゴースモ本部にて酒を飲みながらモクモクし続けました。

こんな場所でも「実はボクもアウシタンなんです」という人と出会えたり。(自宅以外で)仕事抜きのリラックスした会話をするのは本当に久しぶりだったので、「心のリフレッシュ」ができた気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.22

心に残った町の風景(新シリーズ)

都内某所にて。

DSC00309

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 11 開戦編・前」読了

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 11 開戦編・前
著者名:安彦良和 出版社:角川書店 出版年:2005.12 ISBN :4047137715
安彦良和の描く「オレ・ガンダム漫画」最新刊。「オレ・ガンダム」だけど最初のTVシリーズのキャラクターデザインと作画監督をやった安彦良和が描いているので、限りなくオフィシャル(笑)いやもー、ガンダム(1年戦争モノ)が好きな人は必読です。

前巻あたりまでは「ジオン・ダイクンの時代ってどんなの?」「キャスバルはどうやってシャアになったの?」あたりの話でしたが、本巻では「如何にしてコロニーと地球連邦は袂を分かつににいたったか」がメイン。

往年の腐女子の方々はガルマがシャアのルームメイトに押しかけるシーンやら、妙になよっとした描写にヤオイ回路を熱くすることでしょう。

個人的にツボだったのはゼナの登場。初登場時に「ゼナってあのゼナ?」と思っていたらやはりあのゼナでした(ゼナ→ドズルの妻、ミネバの母:1年戦争マニアにしかわからない話)。そんなところにもシャアが関与していたとは!

テムとアムロもちょっとだけ出てくるよん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.21

グイン・サーガ【105】「風の騎士」読了

風の騎士
著者名:栗本薫 出版社:早川書房 出版年:2005.12 ISBN :4150308268
「ま、まさかあの鉄仮面の正体は!」 「知っているのか雷電?」 「し、しかしそれはあるまい、ヤツはすでに…」 「いや、グイン・サーガならアリじゃないか?」

と、いうわけであんなことを主張して、あんな風体をする必要があるヤツといえば、やはり「アストリアス」しかいませんでした(笑)他にも懐かしい面子が登場、まるでウルトラマンAのウルトラ兄弟みたいです(?)

しかし、ホントにここんとこの展開は第二世代グイン・サーガへの布石なんでしょうか?スーティたちが物語に絡んでくるには、物語内時間であと10年ちょっと必要で…てことは今までの実績からすると、あと100巻くらい必要…ま、まあ1つくらい「中学生時代から読み始めて定年退職後もまだ読んでるシリーズ」があってもいいでしょう(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.20

喫煙者のユーウツ 煙草をめぐる冒言

「自由は死すともタバコは死せず!」(山田風太郎)


喫煙者のユーウツ
著者名:シガー・ライターズ・クラブ
出版社:TOKIMEKIパブリッシング
出版年:2004.03
ISBN :404894522X


愛煙家はとりあえず買って読むのが吉。特にまわりに理解のない嫌煙者がいる愛煙家にオススメ。

だいたい発ガン率の実験、つってもラットの背中にタールを塗りつけて実験されてもなあ…オレ、背中にタールがへばりつくような吸い方してないし。知人の医者(愛煙家)から「免疫学だかなんだかのテキストにタバコと発ガン率の話が【意図的に統計操作をして間違って結論が導き出された】事例として載ってる」とかいう話を聞いたこともあるしなあ…

まあ、マナーを守ってない場合は注意されても当然ですが、今の嫌煙キャンペーンはちょっと異常な気がします。コレとか。身体にも社会にも悪影響を及ぼす、ってんなら「酒」の方が絶対ヤバいと思うんですけどね。煙草の吸いすぎで人殺したり交通事故起こしたり女性に不埒なマネをしたって話、聞いたことないもん。

嫌煙の方のご高説は昔から(今はなきFSMOKE@nifty等で)気が遠くなるほど聞いていますので、そういうコメントはお断りします(笑)ここは私のブログなので、そういうことを書きたい方はTB張ってもいいから自分のブログに書いてください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.12.19

「ZETMAN 6」読了

ZETMAN 6
著者名:桂正和 出版社:集英社 出版年:2005.12 ISBN :4088768930
そういえば「ウイングマン」からもう20年程経ったんですねえ。正義を愛する純粋な中学生が夢のノートで変身する「ウイングマン」から20年、作者が再び「変身ヒーローもの」を全く違うアプローチで描く本作はなかなか興味深いです。デビュー当時に比べて画力が飛躍的に向上し、おそらくデビュー時に頭に描いていたいろんなイメージをよりそのままの形で原稿にできるようになったのだろうなあ、と思います(←シロウトの憶測)。デビュー時のタッチではこの話、成立しませんから。

いろんな謎がばら撒かれているのですが、必ずちゃんとあとで判るように描いてくれる(であろう)ところがこの作者の好きな点です。

ぜんぜん関係ないけど、このタッチで「デス・ノート」を描いて欲しいような気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「破壊魔定光」全巻読了

破壊魔定光 12
著者名:中平正彦 出版社:集英社 出版年:2005.12 ISBN :4088770064
後半並行宇宙の話がメインになってから、私の脳では理解不可能に…orz

ちょっと寝かせてから、そのうち読み返してみたいと思います。マンガを読んでてストーリーから落ちこぼれると、ちょっとヘコむなあ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.18

またもや入院

4月に入退院したばかりのVAIO U101がまたもや入院。今回はまだ起動するんですけど、なんかしょっちゅう「ピピッ!」と警告音が出たり、2時間ほど席を離れていると「システムみつかねーし…」と暗い画面になっていることがあるので、有償ヘルプデスク経由で修理依頼しました。土曜日の夕方に電話したら(比較的さっくり電話はつながり)、日曜日の午前9時には回収に来てくれたので、そこはまあ合格…いや、ホントは修理しないですむのが一番なんですケドね。

「年内にお返しできるかどうかはビミョーです(意訳)」ということなので、正月休み向けに、自室に転がってるノートPCをどれか使える状態にしないと(とりあえずブックエンド化していたVAIO U1をネットにつなぐ環境にはした)…ああ、めんどくさい…でも、仕事がらみで(自宅作業用に)必要だしな~。

前回入院の際、このブログでも「(バックアップと復旧に関して)仕事がひと段落着いたら、なんかその手のサイトでも回って情報を集めようと思います」と書いたのですが、実はぜんぜん調べてなかったりします…orz

64812035_162

仕事がひと段落着つかねーんですよ…今年は45週間は東京だったし(いや、今週も行くけど)。

なんか画期的なバックアップ方法と復旧方法をご存知の方、教えてください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.12.17

レベルE(全3巻)

レベルE Vol.1
著者名:冨樫義博 出版社:集英社 出版年:1996.03 ISBN :4088720717
冨樫義博といえば「ハンター×ハンター」ですが(?)、ジャンプ本誌の連載も滞りがちで欲求不満気味の読者も多いハズ(←控えめな表現)

そんなアナタに本作。ブラックさと詰め将棋チックな展開(私の考える冨樫義博作品のエッセンス)が程よくミックスされていて、なおかつ3巻でちゃんと完結している!10年前の作品ではありますが、今読んでも全然古くなく絵も一生懸命描いてます(ぉぃ

仕事で疲れたときなんかに、DVDでも見る感じで一気に読み返すのに最適です。特に「ハンター×ハンター」しか知らない人にオススメ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.12.13

燃えても消すな(笑)

「犯した犯罪からすれば、そのくらいは誤解されても仕方がないかもしれませんが」と書いて炎上した読売ウイークリーのblogが再開されました。

トラックバックという仕組みは第三者から見て、原典とそれに関する意見を比較できるという点で非常に便利なのですが、残念なのは読売ウイークリーがオリジナルの記事を消してしまったこと。本当に反省しているのなら「なかったこと」にせず、記事を残した上でその問題部分について反省点や今後の取り組みについて明確にすべきだったのではないでしょうか。

でもって、オリジナルが削除されてしまったことによって、元記事に言及した他ブログの記事だけがネット上に残ることになったわけですが、コレが結構笑えます。なにが笑えるかって「オリジナルにまったく書いていないことを勝手に付け加えたり、どうみてもそこまで書いてなかっただろうという要約を書いてみたり」している記事があること。おいおい、キミタチは自分が読売ウイークリーの記事のどの部分に怒ってたのか忘れたのか?(笑)

まあ「普段強権を行使している報道機関なら、そのくらいは誤解されても仕方がないかもしれません」って感じなんでしょうか?オリジナル消しちゃったら「そんなことは書いてない」って言えないですしねぇ…

なんかいろんなことを考えさせられた事件ですが、個人的に今回の一番の教訓は『燃えても消すな』かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.08

経県値&経県マップ

某掲示板で教えてもらった経県値&経県マップです。各県を、住んだ/泊まった/歩いた/降り立った/通過した/かすりもせず、で評価すると合計点を算出してくれるフラッシュです。

keikenmap

くぅ~、北海道行ってみてぇな~。(あ、新潟と高知もね)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.12.06

「魔人探偵脳噛ネウロ1」初体験

魔人探偵脳噛ネウロ 1
著者名:松井優征 出版社:集英社 出版年:2005.07 ISBN :4088738349
うわー、探偵モノの漫画はココまで来ましたか!?魔界の怪物が「謎を食らう」ために人間界にやってきて事件を解決?するという話。

なんか怖いッス。お話が、というよりは「作者の感性」が…面白いような怖いような…個人的にはサガノヘルマーの「BRACK BRAIN」以来です。

「ドーピングコンソメスープ」の出典がこれだと判ったことは大きな収穫でした。

…まさか最後は「補佐役(代理探偵)の女の子と恋に落ちて、『愛…この感情こそは最大の謎だな』」とかいうオチじゃないだろーな…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.12.03

NET JUKEを買いました

以前から使っていたCDラジカセ(我が家唯一の音楽専用プレイヤー)が壊れたので、SONYのハードディスクコンポ NAS-M7HD を買ってきました。別に最初からこれを買おうと思って行ったんじゃないんですけど、なんとなくその場のノリで…

40GBのハードディスクに最大20,000曲(最大約1,700時間)分の楽曲をストック可能ってことなので、とりあえず面白がって30時間分くらいストックしてみたのですが、いやそんなに登録してどうするんだって感じ。Gracenote CDDBなる機能が楽曲情報をネット経由で自動登録してくれるのが面白くてつい。20年前にフランスで買った怪しげなクラシックのCDまでどっかから情報を引っ張ってきましたですよ。「エニーミュージック」から音楽をダウンロードすることも可能なので、一曲だけ聴きたいときはえいやっで買っちゃってもいい、と。

あんまりオーディオ関係には詳しくないんですけど、時代は進んでるんですねえ。楽曲情報とダウンロード販売に関しては、初めてネットワーク家電(?)の意味と便利さが体感できました。うちは電子レンジもネット対応なのですが、こっちは繋げていません。てか、台所のレンジ周辺にネットのジャックがある家がどのくらいあるんだ?

マニュアルを全然読んでないので(電源とスピーカとネットワークケーブル繋ぐだけでよかったし)詳しい機能は全然わかんないのですが、まあ、それはそのうち(笑)ストックした曲をメモリースティックに出力可能とのことなんですが、CLIEで聞けるのかどうかは正月にでも実験しようかな、と。

ちなみに我が家の現在のヘビーローテーションは「POPSTAR」(from歌バカby平井堅)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「DEATH NOTE 9」読了

DEATH NOTE 9
著者名:大場つぐみ 出版社:集英社 出版年:2005.12 ISBN :408873887X
週刊少年ジャンプ本誌を読まなくなってもう10年以上経ちますが、これはネットでウワサを知り、コミックスで読み進んでいます。出だしが同じシチュエーションなのに「ウイングマン」とは大違い、「努力・友情・勝利」からはかけ離れた内容ですが、主人公の綱渡りっぷりは確かにジャンプ漫画の王道です。

本巻の感想としては、ええっ!ついにそこまで?という感じ。いや、週刊で読んでる人にはいまさらのことなんでしょうけど、まさかあの人をそんな風に…。

しかし、改めて思うのは、誰でもが一度は心に望む「こいつはいつか殺すノート」を(えっ?私だけ?)ここまでお話として組み立てたのはすごいなあ、と。大場つぐみ、何者なんでしょう…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.02

ふぅ…

msnニュースより

WHO:「喫煙者は雇いません」 職員採用で政策の一貫性

 たばこを吸う人は雇いません-。世界保健機関(WHO)は1日、喫煙者を雇用しない政策を導入した。たばこが健康に有害であることを訴える国連専門機関として、政策の一貫性と「反たばこ」のイメージ強化を狙う。

 WHO当局者によると、職員の新規採用で喫煙者を排除するのは国連諸機関でWHOが初めて。

 WHOは、喫煙を原因とする疾患で毎年世界中で500万人近くが死亡していることを挙げ「たばこの害を減らす運動の先頭に立つ機関としての責任を雇用面でも果たさなければならない」としている。

 WHOは1日から就職希望者への質問項目に「あなたは喫煙者ですか」「喫煙者の場合、WHO就職後も喫煙を続けますか」の2項目を付け加え、両方とも回答が「はい」の場合は申請を直ちに却下する。就職後に「うそ」が発覚した場合は処罰の対象とする。

 WHOは喫煙する現職職員にも禁煙を勧めており、本部は当然、全面禁煙になっている。(ジュネーブ共同)

毎日新聞 2005年12月1日 9時05分

酒を飲む人も雇用拒否してみたら?つーか、そういうことを言いたいのなら、先に全喫煙者を解雇してからにすればいいのに。

あ、ちょっと冷静じゃないエントリですね。パイプでも吸ってリラックスします(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »