« ふぅ… | トップページ | NET JUKEを買いました »

2005.12.03

「DEATH NOTE 9」読了

DEATH NOTE 9
著者名:大場つぐみ 出版社:集英社 出版年:2005.12 ISBN :408873887X
週刊少年ジャンプ本誌を読まなくなってもう10年以上経ちますが、これはネットでウワサを知り、コミックスで読み進んでいます。出だしが同じシチュエーションなのに「ウイングマン」とは大違い、「努力・友情・勝利」からはかけ離れた内容ですが、主人公の綱渡りっぷりは確かにジャンプ漫画の王道です。

本巻の感想としては、ええっ!ついにそこまで?という感じ。いや、週刊で読んでる人にはいまさらのことなんでしょうけど、まさかあの人をそんな風に…。

しかし、改めて思うのは、誰でもが一度は心に望む「こいつはいつか殺すノート」を(えっ?私だけ?)ここまでお話として組み立てたのはすごいなあ、と。大場つぐみ、何者なんでしょう…

|

« ふぅ… | トップページ | NET JUKEを買いました »

コメント

きょう読書犬ペロがノートっぽい勝利したかもー。

投稿: BlogPetの読書犬ペロ | 2005.12.04 09:10

大場つぐみ。うわさのあの人なんでしょうかねぇ。
ふむー

投稿: YAS | 2005.12.08 17:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35672/16155958

この記事へのトラックバック一覧です: 「DEATH NOTE 9」読了:

« ふぅ… | トップページ | NET JUKEを買いました »