« U101退院 | トップページ | そういえば »

2005.12.28

「鉄人28号」原作完全版 1〜3読了

鉄人28号 1
著者名:横山光輝 出版社:潮出版社 出版年:2005.11 ISBN :4267905010

昔秋田書店版で読んでいたのですが、(↓コレ)


鉄人28号 第1巻
著者名:横山光輝
出版社:秋田書店
出版年:1969.08
ISBN :4253061842

今回の「原作完全版」は雑誌「少年」本誌・別冊付録、増刊、「中一時代」「たのしい幼稚園」、月刊「ジャンプ」に掲載された全ストーリーを紹介したもの。ストーリーの重複部分については最小限の変更を行い、散逸した雑誌連載時の原稿はパソコンや「著者のタッチを熟知した人が直接トレース・模写を行う」という荒業を使用しています。(巻末「読者の皆様へ」をはしょって紹介)

一番のポイントは従来のシリーズでは「いきなり鉄人が金田正太郎少年のコントロール下に置かれている」所からスタートする「ロボットプロレス」的エピソードのみが収録されてきたのですが、本シリーズでは「突然現れて操縦器(リモコン)なしで暴れまわる」「複数の組織で奪い合い」という人間アクションメインの導入部分からちゃんと収録されています。今読んでもぜんぜん違和感なく作品世界に入っていけます。ちなみに3巻終了時点で鉄人、しっかり敵組織に奪われて行方不明です。

知らない人もいるかもしれませんが、鉄人が「外付けのロケット」(標準装備ではなくサードパーティ製のオプション)で飛べる&泳げるようになるのは3巻から。それまでは歩いたりトレーラーで輸送されたり、潜水艦に括り付けられたりしてます。ちょっと驚いたのは独立連動システム(鉄人は各パーツが独立したシステムで構築されているので、たとえば腕をもがれても他の部位の動作にはまったく影響を及ぼさないという、後のエピソードで鉄人の強みとして描かれる設計思想)に関する記述が3巻の時点でちゃんと敷島博士によって解説されていること。さすが横山光輝!

全24巻とのことなので、これからも楽しめそうです。

|

« U101退院 | トップページ | そういえば »

コメント

「描画的には、まさに初出誌の迫力を満喫できる“完全”版です。しかし、みなさん。台詞に関しては、随所に改竄があるので、これを初出誌「少年」当時のものと思ったら、大間違いあるね。更に望むのは、原色再現版でしょうが、これはもう贅沢でしょうか。いつの日か本誌掲載頁は大型カラーのデラックス版で、それ以外は、別冊サイズで完全復刻して欲しいことあるよ。台詞も初出当初のままで。ブラサガリ、広告宣伝コマもそのままで!!潮版はその意味では、「原作完全版」ではない。断じて!

投稿: 陳 大人 | 2006.06.14 18:03

>台詞に関しては、随所に改竄があるので

これはいい情報をありがとうございます。複数の掲載誌に連載されていたものをつなぐために、せりふで調整しているようなところもあるんでしょうね。

投稿: 子供相談室 | 2006.06.17 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35672/16155968

この記事へのトラックバック一覧です: 「鉄人28号」原作完全版 1〜3読了:

« U101退院 | トップページ | そういえば »