« そういえば | トップページ | FRONT MISSION 5 Scars of the War »

2005.12.29

「オタクエリート」創刊号読了

オタクエリート No.1
著者名: 出版社:ビブロス 出版年:2005.12 ISBN :4835218302
ほんつなのDBを見て「No.1」が「エリート」にかかってるかのように誤解される人もいるかもしれませんが(♪宇宙、スペース、No.1〜 みたいに)、この「No.1」は第一号の意味。ISBNコード付ですが季刊誌っぽいですね(次号は2006年春の予定)。

巻頭言「OTAK宣言」にて

本書は【オタク】を娯楽、文化として、また産業として、包括的に捉えていこうとするものです。書名には、その未来を担う、創造性と生産性を兼ね備えた人種【オタクエリート】が1人でも多く現れてほしい、という願いが込められています。
と高らかに宣言しています。

とりあえずオタクの末席に位置する者として、書店で見かけて速攻で一冊購入しました(私のオタクの勘が「今買っておかないと二度と入手できない」とささやいたので…)。パラパラ読みレベルのイメージは「オタクはかっこ悪くない、ほら、こんなにすごい人もオタク(とそれを取り巻く事象)を認識してるでしょ?」臭がちょっときついかな、と。

まあ、そういう思惑は置いておくとして、鳩山由紀夫やら平沢勝栄に漫画やアニメネタでインタビューをするという、この切り口は個人的には面白いと思います。鳩山由紀夫が「I”S」を週刊連載時に読んでいた、とか


I”S 1
著者名:桂正和
出版社:集英社
出版年:1997.09
ISBN :4088724119


平沢勝栄に「ケロロ軍曹」を読ませて感想を求めるとか(なんかまじめに答えてるし)、

ケロロ軍曹 1
著者名:吉崎観音
出版社:角川書店
出版年:1999.12
ISBN :4047133078


この方向でずっと突っ走り続けてほしいものです。だんだんダレてきて「ちょっとマニアックなホビー誌」あたりにおちつかないことを切に祈りたいです。とりあえず「アニメ製作者サイドのインタビュー」が載り始めたら危険信号。

オマケに「第二回全国統一オタク検定試験」願書と過去問解説がついてます。

|

« そういえば | トップページ | FRONT MISSION 5 Scars of the War »

コメント

人種を意味する!

投稿: BlogPetの読書犬ペロ | 2006.01.01 09:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35672/16155969

この記事へのトラックバック一覧です: 「オタクエリート」創刊号読了:

« そういえば | トップページ | FRONT MISSION 5 Scars of the War »