« フェチ道 | トップページ | 人間性バトン »

2006.01.31

「モバイルプレスEX Vol.2」読了

モバイルプレスEX Vol.2
著者名: 出版社:技術評論社 出版年:2005.12 ISBN :4774126373
この2,3年、モバイラー向けの雑誌がごっそり減って、モバイラーとしては寂しい限りです。まあ、メーカー各社がPDA市場から撤退(規模縮小)したり、ケータイが取って代わるようになったり、マニアックな情報はブログ等でマニアの皆さんが発信してるので雑誌ベースで追いかけても…っていう部分もあるのかな、とは思います。

でも、私はやっぱりモバイル系雑誌のレビュー記事を読みながら「ああ、買わなくて良かった」とか「これなら愛機(CLIE-NX80V)でもできる」とか「普通のヤツはここまでしねーよ!」とか(なんかネガティヴな感想が多いですが)思うのがスキ。

今回の特集は「ウィルコムのPDA+PHS、W‐ZERO3」で、個人的に触手は全く動かないのですが(個人的にバッテリ容量に不安&通話時にPDAを耳に当ててたらデータ確認できないじゃん、と思っている)、開発陣へのインタビューとかはとにかく読んでて楽しい。自分達の理想を形にして世に問う人々の仕事のかっこよさ。そこにシビれる!あこがれるゥ!

さて、本号もうひとつの特集は「ケータイでらくらくブロガーデビュー」

ケータイ対応しているブログを8つ紹介していますが、残念なことにわれらが「ほんつな」はケータイ非対応の模様。まあ、本の感想を書いたり連想検索したり、ってサービス自体ケータイには不向きなわけですが。でも、そんな「ケータイ非対応ブログ」でもケータイで読んだりコメント書きするのは可能なんですね〜。

たとえば「PCサイト->携帯変換スクリプト」のようなサービスを使うとケータイ用に変換してくれます。

ちなみに上記サービスで私のこのブログを変換すると下記のようなURLになるので、これをケータイにメールで送ってブックマークしておくと、以後私のブログがいつでもどこからでも!…え、別にお前のブログなんて読みたくない?(´・ω・‘)ショボーン

http://www.rcdtokyo.com/pc2m/index.php?_ucb_c=&_ucb_u=http%3A%2F%2Fchildguidanceclinic.hontsuna.net%2F

どうしてもっていうなら投稿はメールでできるしね。このように本来その機能がなくても、アリモノのサービスをうまく組み合わせればなんとかなる、と。長いPDAモバイラー経験の中で私が学んだことです(笑)

|

« フェチ道 | トップページ | 人間性バトン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35672/16155977

この記事へのトラックバック一覧です: 「モバイルプレスEX Vol.2」読了:

« フェチ道 | トップページ | 人間性バトン »