« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.04.22

温故知新

仕事の都合で東京に引っ越しました。ウイークリーマンションを借りて単身赴任です。で、今週はずっとばたばたしていたのですが、やっとこさそれなりに落ち着きました。

で、赴任直前にmixiのマイミクの人のカウンタ9999を踏んだ記念に、その方の巻いた「ハンドメイド・シガー」をいただいていたのですが、「とりあえず落ち着いたぞ記念」にいただこう、と。

これがそのハンドメイドシガー。

20060422115431

凝ってます。リングまでオリジナル。

Ciger

なんかすげーきつそうです。

で、とりあえず夜景のきれいなところで吸おう、と。持って行くのはこれ。

20060422115811

最近飛行機移動が多くて使ってなかったのですが、引越しの荷物に入れて送っておきました。

4月下旬とはいえまだまだ夜は肌寒いので、近所のバーで一杯やってから、いいスポットを探して散歩開始。ほどなく良い場所を発見。増上寺惣門と東京タワーと六本木ヒルズが一望できる公園です。

20060422214131

カッターでヘッドを切って火をつけて、誰もいないのでぐるぐる回して火の回りを良くしたり(シガーバーではバーテンダーさんがやってくれるところもありますが、自分では恥ずかしくてできない)して喫煙開始。……うまい!思ってたのとは違って非常にマイルドな味わいでした。

20060422213623

Pierreさん、うまい葉巻をありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.15

久々のバカspam

久しぶりにhotmailの確認をしたらこんなspamが。

【その1】

差出人 : phoo449lovenanoda@*********.com
送信日時 : 2006年4月10日 2:24:16
宛先 : childguidanceclinic@hotmail.com
件名 : 覚えていますか?私は以前同じ職場で

働いていました。洋子です。
8年前の話なので、雄二さんが覚えてらっしゃらないかもしれませんが。
私達の上司だった斉藤さんにこのメルアドchildguidanceclinic@hotmail.comを聞きまし
た。

今更なんですけど…私は雄二さんの事を好きでした。
ただ、あの時は私は既婚者でしたし、声をかける勇気も無くて。
実を言うと先月離婚したんです。
こんな都合の良い考えは申し訳ないとは思ったんですけど
長年の思いを伝えたくてメールしたんです。

雄二さんは素朴で真面目で、そんな雰囲気に惹かれて。
それに比べて、私なんか遊び好きだし、釣りあわないとは思って気持ちを押さえていまし
た。
でも、雄二さんの様な人柄なら心から真剣に愛せるかなって。
あの時は、不倫の関係にしかならなかったすけど。
今は私も独身ですから。本気で、真剣に愛せると思うんです。

私の事、覚えていてくれたら、真剣な気持ちを受けとってくれるなら連絡下さい。

今も以前住んでいたマンションの最上階、501号室に住んでいます。
携帯番号はご存知なかったと思うので、連絡頂けたら教えますね。

お返事は時間のある時でかまいません。でも、本心は出来るだけ早めがいいです。
心からお待ちしています。

洋子

【その2】

差出人 : phoo449lovenanoda@**********.com
送信日時 : 2006年4月10日 21:33:52
宛先 : childguidanceclinic@hotmail.com
件名 : 先日メールをしました、洋子です。

一体何のメールかと思われたでしょう。
ごめんなさい、間違えてメールをした様です。
唐突に変なメールを送ってしまってごめんなさい。
私が教えてもらったアドレスが間違っていたようです。
childguidanceclinic@hotmail.comはあなたのアドレスですものね?
斉藤さんの事は当然ご存知無いですよね?
本当に申し訳ありません。。
削除して頂いてかまいません。

それでは、失礼します。

洋子

いや、オレのこんな変なアドレスを「間違って教えてもらう」とか「打ち間違える」なんてありえねーし(笑)

つか、どういうアクションを期待したapamなんでしょう?
1)雄二さんになりきって返信してきた奴を引っ掛ける
2)「私は雄二さんではありませんが、貴女と……」とかいう返信をしてきた奴を引っ掛ける
3)この後なんかしらズルズルひっぱる

文面でいかに「まじめそうな女」を演出したつもりでも、メアドが「ラブなのだ」では信じられないのだ。

ちなみにHotmailには時々「迷惑メールの分類にご協力ください」メールが届きます。

迷惑メールをより効果的に防止するための調査にご協力いただき、誠にありがとうございます。下記に添付されているメッセージがあなたにとって迷惑メールであるかどうかについて、いずれかのボタンをクリックしてお答えください。Web 経由で受信したメールをお読みになっているときに、メールが迷惑メールであるとユーザーが見なした場合は、直ちに受信トレイからそのメールを削除します。

てな感じで、

>迷惑メールではない このメッセージやこれと同様のメッセージは、[受信トレイ] に届いてかまわない。

>迷惑メール このメッセージは迷惑メールなので、今後受信したくない。このようなメールは 2 度と届かないようにして欲しい。

のどちらかを選択することで、以後そのアドレスからのメールが届かなくなったりするらしいのですが、たまにこういうメールが添付されてたりしますので油断できません。


差出人 : **********
件名 : 日本牝豚倶楽部からのおしらせ
受信日 : 4/14/2006 7:59:36 PM

1.ご紹介
「日本牝豚倶楽部」は牝豚を飼育調教する紳士淑女の方々の親睦会です。現在、全国に8500万人の会員、3つの支部を置き、活動しています。倶楽部の活動は、主に次の3つであります。
a.会員が行う調教のサポート
b.捕獲から調教まで牝豚の提供サービス
c.外支部を含む牝豚の交換と売買の仲介
http://www.**********
東京支部だより
去る13日、都内某所に於いて日本牝豚倶楽部東京支部大会が開催されました。
会場には約120人の正会員(飼主)と100匹の牝豚、(うち倶楽部保有の牝豚85匹)、20人の準会員(牝豚飼主希望者)がつめかけ、第1部の牝豚オークションから、第2部の大乱交淫虐パーティーまで、盛会裏に終了することが出来ました。
特に、オークションに於いては、新たに8人の飼い主が生まれ、多くの新規正会員をお迎えすることとなりました。

2.牝豚倶楽部インターネット部門からのお知らせ
牝豚倶楽部では、在宅会員を希望される方々の為に、新たにインターネット会員を募集致します。
希望者の方は、日本牝豚倶楽部の裏サイトを今すぐクリック!
会員の交換希望画面、又は倶楽部保有の牝豚リスト或いは牝豚候補選択画面で希望の牝豚が決まりましたら、即入札開始。
入札期間は1週間です。落札された方には、発注確認のメール後1~3週間で宅配便にてお届け致します。
お世話になった方へのお中元やお歳暮、お友達へのご贈答用にもおすすめ致します。(新規獲得~調教の場合は3週間程度納期を見込んで頂く必要あり)
今ならば、クッション代わりに浣腸とバイブを詰めてお届け!
受け取ったその日からエネマ・プレイが楽しめます。
さあ明日からあなたも立派な牝豚の調教師! 東京支部
http://www.**********

差出人 : "美那子"
件名 : ≪確認のお願い≫
受信日 : 3/29/2006 7:34:33 PM

私の勤めておりますスポーツジムの受付メールに、そちら様からの個人的なメールが届いておりましたが、
あて先をお間違いでしょうか?
受付の業務をおこなっておりますのは私だけなので、私宛なのかとも思いましたので念のためお返事差し上げることに致しました。
私はそちらの内容に覚えはありませんが、私自身あなた様とのご提案に惹かれるものがございましたので
私の個人的なメールアドレスよりメールさせていただきました。
恥ずかしいですがバストサイズは85cmでFカップです…。


いや、個人的にここまでイッてるバカメールは読みたい(笑)もちろん、「[受信トレイ] に届いてかまわない」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グイン・サーガ【107】「流れゆく雲」読了

いつもなら出たその日には購入して読み終わるのですが、ここんとこ仕事が忙しくて……


流れゆく雲
著者名:栗本薫
出版社:早川書房
出版年:2006.04
ISBN :415030842X


グイン記憶喪失編(?)のインターミッションみたいな感じ。次巻以降の大きな動きを予見させる雰囲気がなかなかよかったです。久々にレムスも登場。リンダの思わせぶりな予言も。そして、アキレウスの「的外れなのに状況的には最もすんなり受け入れられる推理」が……。シルヴィアに妙なフラグが立ったかもしれません……。

ところでグイン・サーガ特別限定ボックス「pandora」なるもののチラシ(?)が挟まってました。価格は10500円、申込締切は5/12で発売予定は9月下旬だそうです。内容詳細は
・グイン フィギュア
・皮製ブックカバー
・トレーディングカード(24枚)
・マップシート(B2)
・マウスパッド
・オリジナルストーリーブック(書き下ろし短編含む)

皮製ブックカバーはなんか魅力あるなぁ……魔道書みたいな感じなら嬉しいけど。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.04.09

Sakura

私の住んでいるあたりでは、今がちょうど満開。

SO902iで撮ってPCにメールで送っておいたのですが、こういう気軽な写真をだらだら取れるのは携帯のいいところですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.07

成分解析メイカー

成分解析onWebに成分解析メイカーなる機能があったので、作ってみました。

アウシタン分析



アウシタン分析による子供相談室の解析結果

子供相談室の50%は巨乳フェチで出来ています
子供相談室の40%はM嗜好で出来ています
子供相談室の5%はツンで出来ています
子供相談室の4%はパンチラを見逃さないハンターの魂で出来ています
子供相談室の1%は暴力肯定思想で出来ています

自分で作ったのになんか不本意な結果が……

| | コメント (7) | トラックバック (1)

「PLUTO 3」読了

PLUTO 3
著者名:浦沢直樹
     手塚治虫 出版社:小学館 出版年:2006.03 ISBN :4091802370

原作になる「地上最大のロボット」を読んだのはずいぶん昔のことなので、カンペキにディティールを忘れていますが、ロボット排斥運動の話は「地上最大のロボット」じゃなくて「青騎士」編だったような記憶が……、これのおかげで記憶の混乱に拍車がかかり、ある意味すごく新鮮に話を楽しむことができます(笑)

しかし、浦沢版アトムは原作同様「7つの能力」を持っているとは思えないデザインなのですが……でも、戦闘力がかなり高くないと(最低10万馬力とジェットエンジンは使えないと)後半原作から激しく乖離することになってしまいますし……

どうなるんでしょう?それだけでも楽しみだったりしますが。

※アトム7つの能力
・10万馬力(時々100万馬力にチューンナップされる)
・人間の1000倍の聴力
・60ヶ国語を操る
・目にサーチライト
・ジェットエンジン(手足に内蔵され飛行可能、宇宙ではロケットに切り替え)
・マシンガン(お尻に2門内蔵されている)
・人の善悪を見分ける

いや、当時の子供はこのくらい誰でも知ってたんですよ(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.04.06

ビブロス倒産

http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/manga/manganews/news/20060405org00m200088000c.html より

ビブロス:負債総額20億円で倒産 オタク検定で話題に  「オタク検定試験」を実施し、話題を呼んだ出版社のビブロス(東京都新宿区、山本裕昭社長)が5日、東京地裁に自己破産申請した。代理人によると、負債総額は20億円。

 同社は、05年7月にグラフ誌「カラフルピュアガール」で、漫画やアニメ、ゲームの知識を問う「オタク検定」を実施。05年12月には民主党の鳩山由紀夫衆院議員を表紙に起用した新雑誌「オタクエリート」を創刊し、第2回検定試験の問題を付録にするなどして話題を呼んでいた。また、同社はボーイズラブと呼ばれる男性同士の恋愛を描いた漫画や小説なども出版。関係者によると、出版部門単独では黒字だったものの、関連会社の業績不振などで資金繰りが悪化していたという。

 06年に入ってからは原稿料や従業員の給与の支払いが遅れていたほか、3月31日付で山本社長が経営する出版社も自己破産を申し立てている。【渡辺圭】

ビブロス
http://www.biblos.co.jp/

>出版部門単独では黒字だったものの、関連会社の業績不振などで資金繰りが悪化

ってところが、なんか残念です。

最近買ったビブロスの本といえば、

超人ロック荒野の騎士
著者名:聖悠紀 出版社:ビブロス 出版年:2006.03 ISBN :4835218698

超人ロックはどうなるんだろうなぁ……

しかし、このエントリで書いた「今買っておかないと二度と入手できない」がまさかこんな形で現実のものになるとは……

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006.04.01

成分分析

mixiとかで静かなブームになっている?成分分析
いつものweb上占いじゃなくて、ダウンロードしないといけないのですが。
とにかく名前を入れて、ぽちっとな、と。

Bunseki

後発なので結果をグラフにしてみました(笑)

Bunseki01

そもそもが雑誌投稿用のペンネームですから、なんとなく納得のいく結果です。

ちなみに本名でやってみた結果。

Bunseki02

なんか、妙な成分が入ってます……しかもかなり多めに……べっ、別に嬉しくなんかないんだからねっ!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »