« ネット環境の恐怖 | トップページ | 久々のパチンコネタ »

2006.05.13

「ε(イプシロン)に誓って」読了

Gシリーズ第4弾


εに誓って
著者名:森博嗣
出版社:講談社
出版年:2006.05
ISBN :4061824856


殺人事件は直接絡まず、メインの登場人物(山吹と加部屋)がバスジャックに遭う、といういつもとちょっと違った展開。バスジャック犯が人質に対し携帯の利用許可を出したのは、なによりも「西之園、海月、犀川が推理に絡めなくなるから」などという意地の悪い見方はダメですか?(苦笑)

やっとこのシリーズが「S&Mシリーズ後の真賀田四季の怪しげな動きを追う」ものであることを自分的に納得できるようになりました。初めて読む方は過去の全シリーズをちゃんと読んでから、ってことですね。

小説でないと成立しないトリックに軽く騙されて……不快感はないですけど、ミステリ的にはどうなんでしょう?あまりミステリを読んでいないのでその方面には詳しくないのですが、こういうのってアリなんでしょうかね?

しかし山吹の姉が腐女子だったとは!(笑)

|

« ネット環境の恐怖 | トップページ | 久々のパチンコネタ »

コメント

「イプシロン」って読むんですねー。
森博嗣好きなんですけど、あの発行ペースには追いつけないです…。
大学の時にVシリーズの最初のあたりで(金銭的に)ちょっと休憩、
と思ったらあっという間に取り残されてストップしたまま。
他の単発はちょこちょこ読んでるんですけど、肝心のシリーズものが…。
どこかのタイミングで一気に読みたいです。
まぁ、まだまだ楽しみが残ってると思っとこう♪

投稿: つな子 | 2006.05.17 22:23

>まぁ、まだまだ楽しみが残ってると思っとこう♪


そういうのって逆にうらやましいです。シリーズモノに追いついちゃうと待つのが辛いですね。今からグインサーガを読み始める人なんてすごくしあわせそうです(笑)

投稿: 子供相談室 | 2006.05.17 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35672/16156002

この記事へのトラックバック一覧です: 「ε(イプシロン)に誓って」読了:

« ネット環境の恐怖 | トップページ | 久々のパチンコネタ »