« 「まるごとtype U」読了 | トップページ | ブーメランが戻ってくる仕組み »

2006.09.16

「封印作品の謎」読了

封印作品の謎
著者名:安藤健二(著) 出版社:太田出版 出版年:2004.10 ISBN :4872338871

ちょっと特撮好きの人なら誰でも知っている名前「スペル星人」(ウルトラセブン12話)。1970年以降欠番とされ、再放送はもちろん、その存在すら消されてしまった話。まあ、普通は「肩書きの【被曝星人(ひばくせいじん)】っていうのにクレームがついたらしい」程度の認識しかないわけですが、この本はそこんところをかなり深く取材しています。著者が元産経新聞記者ということもあり、文章も特オタ/反対派のどちらに寄るでもなく、「ルポタージュ」的に淡々と書かれています。

そうか、そんな理由があったのか……という話がセブン以外にも数話取り上げられていて、そこには言論と表現、それを送る側と受け取る側のいろんな想い(あるいは思惑)が見えて非常に興味深いです。

続編も出ているようなので、

封印作品の謎 2
著者名:安藤健二(著) 出版社:太田出版 出版年:2006.02 ISBN :4778310063

こちらも読んでみようかな。

|

« 「まるごとtype U」読了 | トップページ | ブーメランが戻ってくる仕組み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35672/16156017

この記事へのトラックバック一覧です: 「封印作品の謎」読了:

» 封印作品の謎/安藤健二 [仮想本棚&電脳日記]
封印作品の謎/安藤健二 封印作品の謎 2/安藤健二 「ウルトラセブンの第12話」は初回は放送されたが、その後、欠番となり再放送はされていない。 [続きを読む]

受信: 2006.09.16 22:38

« 「まるごとtype U」読了 | トップページ | ブーメランが戻ってくる仕組み »