« ひさびさにすげーspam | トップページ | ちょいツッコミ »

2006.11.20

「桜蘭高校ホスト部」既刊(9巻)読了

さすがに仕事が忙しいと本を読む暇もありません。で、読んだ中から「これはブログに記事でも書いて、人に薦めてみたいなぁ」と思えるものはさらに少ないわけで…

それはさておき「ハルヒ」がブームだというので、私も読んでみましたですよ。

桜蘭高校ホスト部 1
著者名:葉鳥ビスコ(著) 出版社:白泉社 出版年:2003.08 ISBN :4592174488

涼宮ハルヒではありません、藤岡ハルヒでした(いや、別に間違って買ったわけではない)

超お金持ちの坊ちゃま、お嬢さまのみが通う桜蘭(おうらん)高校に奨学特待生枠で入学した学内唯一の庶民(笑)藤岡ハルヒ(女)が事故からホスト部に入部して…という、説明するのが難しいお話。

私のイメージの中での少女漫画といえば、ヒロインは学園の人気ナンバーワン男をひそかに想うけど他にライバル多数、とか、ダメなところを助けてもらって「え、私なんかでいいんですか?」的展開が多いとか勝手に思い込んでいたわけですが、本作はまったく逆。

ハルヒの周りの坊ちゃま達は全員昔の少女漫画なら主役をはれるタイプの、いわゆるそういうキャラクタなのですが、全員どこかが屈折していて、そこをハルヒに鋭く突かれたり癒されたり(ただしハルヒは天然)することによって次第に惹かれていく、という逆ハーレム状態。9巻までの展開でハルヒが明確に誰かを好きになったり心が動く描写が皆無に等しいのもすがすがしい(笑)

かなりオススメ。

|

« ひさびさにすげーspam | トップページ | ちょいツッコミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35672/16156023

この記事へのトラックバック一覧です: 「桜蘭高校ホスト部」既刊(9巻)読了:

« ひさびさにすげーspam | トップページ | ちょいツッコミ »