2006.08.31

一発ネタ

先ほど突如として脳裏にひらめいたフレーズとイメージ。

『最終兵器腐女子』

歩く女子高校生。背中に背負った袋からはポスターやらグッズやらがにょきにょきと突き出し、そこから同人誌がぼろぼろと零れ落ちている図

うーむ、なぜ今更?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.05.08

GWの成果

GWは毎年人より多く連休にする主義のワタクシですが、今年は仕事の都合でカレンダーどおりどころか休日出勤までしてしまいました…

てなわけで、去年同様今回もメインは読書。読んだのは、

「のだめ カンタービレ」(二ノ宮知子) 既刊全巻(1~11巻)

「魔法先生ネギま!」(赤松健) 1,2巻のみ

なぜこの組み合わせ?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.04.29

いまさら新ドラえもんを語る、の巻

仕事が休みだったので(みどりの日だったから)、金曜の夜だというのに久々に自宅で家族と夕食をとることができました。新聞を見ると「夜7:00~ ドラえもん」、ああっ、そういえば新ドラになってからまだ一回も見てないゾ!すでに5分ほど過ぎています。さっそくチャンネルを合わせると…おいおい、いきなり「独裁者スイッチ」かよ!いや、子供のころコミックスで読んで、子供心にもかなりインパクトのあった話なのですが。

新しい声優さんに関しては、正直まったく違和感を感じませんでした。新しいドラえもんの声は、私の記憶の中の「日テレ版ドラ」に近い感じで、なんだか懐かしいです。絵柄が(演出を含めて)コミックス版を意識したものになっているのもいいですね。

原作自体はそんなに長い話ではないのでアニメ化にあたっていろいろ演出を付加しているわけですが、独裁者スイッチのていねいな機能説明とか(これがあるから「存在そのものが消滅する」(最初からいなかったことになる)=消しても誰も悲しまない=だんだん消すことに抵抗がなくなる、ということが共感できる?)、のび太の意外と高い適応能力とか(消してしまったものはしょうがない!、とか遊園地の機械を自分で操作したり、停電でも風呂を沸かして入ったり)を上手に入れていたように思います。ただ、原作では意識して「みんな消えてしまえ~」とやってたような気がするのですが、そこをあいまいにしたのは小さなお子様向け配慮なのでしょうか?

なんにせよ、私の目から見たところ、新体制ドラは正解のようです。機会があれば(あるのか?)また子供と一緒に見たいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.28

な、なんだってー(AA略

出張の夜はヒマなので、宿の近くのコンビにみたいな店で漫画など買ってきて読むことが多いです。ここんところ読んでいたのは「銀と金」(福本伸行)。あー、この人は昔から独特な言い回しの台詞を書いていたんだなぁ、とかヘンな麻雀ルールを考えていたんだなぁ、とか思いながら読んでいたのですが、あるコマで今まで自分の思っていたことが間違いだったと気づき、衝撃を受けました。

銀こと平井銀二の発言に驚かされた銀行頭取(サブキャラ)の背後に「ざわざわ…」が!

ええっ、「ざわざわ…」は周りの観客がざわめく様子を意味していたのではなかったのかッ!?頭取は一人きりで銀に呼び出されている。にもかかわらず「ざわざわ…」。もちろん部屋には頭取と銀だけ。すなわち、これはざわめきではなく、心理描写…あえていうなら鳥肌の立つ音ッ!

いやー、人生いつまでたっても勉強です…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.09

残酷な天使のテーゼ

出張中です。夜(打ち合わせの後)、新宿でちょこっとパチンコ「エヴァンゲリオンZF」を打ってみたら5箱程出ました。いやー、やっぱ等価交換はいいですねえ。

それはともかく、大当たり中「残酷な天使のテーゼ」を聴いていて、ふと思いました。「悪い曲じゃないのに、なんかこの歌はどこかひっかかって、いつ聴いても素直に感動できない……」

で、5回目に気づきました。

♪そっとふれるもの もとめることに夢中で 運命さえまだ知らない いたいけな瞳(作詞:及川眠子)

ここだ!→「いたいけな瞳」

よく考えてみると、私の頭の中では「いたいけ」=「ビートたけし(のネタ)」なんです。多分私と同世代で「ビートたけしのオールナイトニッポン」の初期を聴いていた方なら理解していただけると思うのですが……無理?

----

ちなみに今調べてみたら「いたいけな夏」(作詞:教重清隆/作曲:加瀬邦彦/編曲:伊藤銀次)なんて歌まで歌ってたんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.07

名探偵コナンの終わり方(憶測)

遂に(新一を子供の身体にした)謎の組織絡みの事件の真相に迫ったコナン。いつものように小五郎を麻酔で眠らせ推理劇を行い、黒幕を追い詰める。追い詰められた黒幕は最期にコナンに襲い掛かるが、そこで眠っていたはずの小五郎が突然立ち上がり、黒幕を柔道で投げ飛ばす!実は毎週推理のたびに連続投与されていたため、かなり前から小五郎には殆ど麻酔が効いていなかったのである。そもそも推理力がないわけではない小五郎は新一の置かれている状況を推理し、こういうこともあろうかとずっと近くで彼を守り続けていたのだ!

……てな終わり方をするのにルピナス1束。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.03.06

シャイニールミナス

やっとこさ変身しましたか……って、1話で2回変身かい!(当然バンク処理)

せっかくだから、一年前の第1話でなぎさがやった「セルフつっこみ」(初変身なのに変身キーワードや技の名前を叫ぶ自分自身に対し『私、ナニ言ってんの?』)をもう一回やってもらいたかったです(笑)

あと、娘と一緒に見ている間、ずっと頭の中で「デニス・ムーアの歌」が流れていたのですが、よく考えるとデニス・ムーアは「ルピナス」でした……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.20

どーでもいい話2

プリキュアのパツキンの人はいつになったら変身するんでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.06

どーでもいい話

キュアブラックの「へそだし」がなくなったのは、なんか意味があるんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.28

アホ教師はひどい……

楽天フリマに出品されているこれなんですが……

確かに表紙のタイトルデザインを見ると「アホ」と読めなくもないですが、正解は「アカテン教師 梨本小鉄」です。

「梨本小鉄」を知らない人はこちらとかこちらとかにまとめられています。結構好きな漫画でした。

ちなみに実はワタクシ、なぜか教員免許を持っているのですが、学生時代その方面に進むにあたり影響を受けた漫画は「ゆうひが丘の総理大臣」と「百万人の数学変格活用」と「さよなら!!岸壁先生」です。

……すいません、ちょっと嘘です。でも、現在の仕事は教員とは全然関係ありませんが、すこしだけ「岸壁先生」寄りです(謎)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧