2006.03.23

鷲巣麻雀牌

マイミクさんに教えてもらった鷲巣麻雀牌……売り切れてんのかよ!

ちなみに「アカギ」を知らない人へ、こんな牌です。

majan

相手の手牌も自分の手牌も確率3/4で透けて見える!この状況でどういう打ち回しをするか!ってなことを「アカギ」では延々やってるわけです。ちなみにこれで山を積んじゃうと、確率3/4でツモまで見えちゃうので、漫画では山は積まず、卓の真ん中に空いた穴の中に入れておいて、手袋を嵌めた手でツモります(感触で透明牌かどうか判っちゃうので)。

欲しいな~。友達と家で麻雀するときに、最初にいきなりこの牌を出して、一回だけやる……とかしてぇ!漫画どおり負けたぶん血を抜くのはご家庭ではちょっと難しいので、代わりに毒ジュース作って飲ますとか、ね(1000点負けにつき青汁100ccとか)。とはいいつつ、漫画同様「山を積めない」のが実用的でないところ。手牌が見えるのは面白いけど、山まで見えるのはなぁ……このメーカーは鷲巣麻雀卓も作って売れ!いや、オレはそんなもん、よう買わんけどね(ぉぃ つーか、普段はど真ん中に穴の開いた麻雀卓って、鷲巣麻雀時以外は粗大ゴミでしかないですからね。

で、ふと思ったんですけど、これってMJ3(セガのネットワーク通信麻雀)とかバーチャルのゲームなら簡単に実現可能なんですよね。血を抜かれたことをゲーム的に表現するのは、牌がぼやけて見えにくくする(確認しにくい分、タイムを余計に消費)とか、2回に1回啼けない、とか。MJ3の雀荘モードに「鷲巣邸」つーのが現れて、このルールに納得した人だけでオンライン鷲巣麻雀……やりてぇ!セガ、是非頑張ってくれ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.03.14

たまごっち(上村愛子バージョン)

JALの「冬のホットなキャンペーン」でたまごっちが当たりました。どこらへんが上村愛子なのかは謎。

tamago

へえ、こういうのってちゃんと当たるんだ~、と言いつつ、これだけ乗って当たらないんだったら、どれだけ乗って当たるんだよ?と思ったり。

さっそく娘が大喜びで遊んでいます。個人的にはたまごっちって「ゲームに振り回される感」が強くてビミョーなんで、今まで買わなかったんですけど、幼稚園児あたりの間では流行っているみたいなので、つい渡してしまいました……甘いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.12.30

FRONT MISSION 5 Scars of the War

てなわけで(?)年末年始をだらだら過ごすアイテムとして「FRONT MISSION 5 Scars of the War」を買ってきましたですよ。PS2のゲーム買うのはドラクエ8以来です。(ほぼ一年ぶり)

とりあえず5時間くらいやってみました(笑)いやー、CGの世界はどんどん進んでるんですねぇ。ドラマ部分のCGアニメはすばらしいと思います。ゲーム自体は相変わらずヴァンツァー(人型機動兵器)をちまちま改造しながら戦い進んでいく、いつものFMなので遊ぶ人を選ぶカモ。私は好きですが。特に「リアルタイムバトル」じゃないところが(笑)パイプを吸いながらゆったり楽しめますからねえ。

しかし、あと20年たったらどんなゲームが出てるんだろうなあ…

私の夢は定年退職後、年中暖かい南の島に移住してネットとゲームと読書三昧の引きこもり余生を送ることです。(マジで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.24

HAPPY X-mas miniGROW

EYEZMAZE FLASH GAME PLANETの最新作、HAPPY X-mas miniGROWが公開されていることにさっき気づいて早速挑戦。

クリスマスご祝儀か、かなり難易度低めでした(笑)

grow

まあ、イヴの夜にパズルで激しく悩まされるのもアレですしねえ。心地よい達成感で寝るのがよいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.03

元気なハロ デスクトップクロック

新宿のゲーセンで2回チャレンジしてゲット。

HAROclock01

当然のように耳(羽)が開きます。

HAROclock02

で、中に時計。

HAROclock03

これでアラーム機能がついていたら完璧なんですけど…でも、今までにゲットしたハログッズの中で一番実用的かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.18

ハロ携帯ストラップ

先日東京出張の折にゲットした「元気なハロ携帯ストラップ」

haronano01

なんでこんなにいっぱいあるかというと、なんかめちゃくちゃ簡単に取れたから(笑)「携帯ストラップ」の字のあたりを挟んでやれば確実でした。で、なんで赤が混じっているかというと、一列間違ったから(とほほ

haronano02

携帯のストラップとしてはちょうどいいサイズなのですが、最大の特徴は頭頂部(クリップがついている部分)を引っ張ると、
1)黒い糸(よくあるストラップの紐)が伸びて
2)内蔵のゼンマイにより、それを巻き上げ、羽をぱたぱたさせながら登ってくる
というアクションが楽しめることです。

ゼンマイの音がやかましい…というある意味致命的な欠陥に目をつぶれば(いや、つぶれないから致命的なのでは?)かなり癒されます。

問題は、私の携帯(premini)は今ネックストラップで首からぶら提げてるんですよね…私が女性なら、首から提げた携帯の横にハロがついててもOKでしょうが、40過ぎたおっさんにはちょっと重過ぎます。いろんな意味で。

4つもゲットしたのに、どこにも付けられない、っていうのが悲しいです。とりあえず、さりげなく休日に使う鞄の端っこに付けておくことにしました…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.09.09

ちょっといいこと

今日はじめてMJ2(八重洲地下街のゲーセン)で役満をあがった。大三元だけど。ちょっと嬉しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.04

Yogurting(2)

いやー、やっぱリアルタイムRPGっていうのは、おっさんには結構きついもんがありますな~(苦笑)

あのあと、何度かログインして
・学園だよりを指定された先生にお届けしてまわる(おつかい)
・新入生として指定された学校関係者に挨拶してまわる(おつかい)
・職員室に発生した謎の生物を撲滅(バトル)
・深夜の校舎内に出現した謎の生物群を撲滅(バトル)
・オカルト研のお手伝い(おつかい、とみせかけてバトル)
ってなイベントをこなしました。途中一箇所メッセージバグを見つけてサポートに連絡したり。(いや、これが約束なわけですから)

持ち上げた箱を下ろす方法がわからなくて、箱を持ち上げたままチャットで「箱を下ろす方法を教えてください~」と聞いてまわるマイキャラは哀愁を誘うものがありました…それに対して操作方法を教えてくれ、なおかつ、その操作がうまくできずもたついているマイキャラの周りに集まってきて、近づくモンスターを退治してくれる人、チャットで「がんばれ」「落ち着いてもう一度右クリック!」と声を掛けてくれる同級生達…ちょっとジーンときちゃいましたよ。こういうところでハマっていくんだろうなあ。とりあえずチャットのマクロに「ありがとうございます」と「すいません」を登録しました。

個人的にはもうちょっと「バトルのないイベント」も多く欲しいな、とか。たとえば図書館で調べ物をして知識を増やしていく、とか部活で組み手をしてレベルを上げていくとか。図書館でも本の冊数(同時アクセス数)を設定しておけば、魔法のレベルを上げるために必要な本が貸し出し中なので、その人を探して学内を探すとか、魔法研究会みたいなサークルを作って「どの本を読めばどのレベルが上がるか」などの知識をプレイヤーで共有するとか十分イベントになるんじゃないかな、と。図書館で魔法の勉強だけしているプレイヤー(眼鏡っ子)を交渉で実戦に連れ出して、みんなでガードしつつ強力な魔法を詠唱させる、とか萌え燃えそうじゃないですか(笑)

そういえばグラウンド中央でダンス同好会?の人々が3,40人集まっていたのはかなり異様でした。UFOでも呼ぶイベントがあるのかと思っちゃいました。

正式サービスが始まったら入っちゃうかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.02

当たった!?

出張から帰って自宅のメールボックスを確認すると、ちょっと前にシャレで応募してみた某「学園オンラインRPG」の限定クローズドベータサービスに当選しているとのメールが!いや、限定と言っても2万人もいるわけですが(笑)

てなわけで今週末はあれこれ遊べそうです。利用規約など確認してから、書けることはここで書いていきたいと思います。

と、ここまで書いたところで、ゲームクライアント(608MB)がダウンロード終了したぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.15

CRMISON ROOM

葉山霄さん(旧 原えりすんさん) のmixi日記で知ったフラッシュのゲーム。ここにあります。

モノ集めは結構サクサク進んだのですが…メモが読みにくいっつーの!悪筆だし傾いてるし!これのおかげでかなりてこずりました。でも、面白かったッス。1時間くらい楽しめました。他にもあるんですけど、もう23時だし明日の朝早いし、今夜は挑戦するのやめときます(笑)

ヒント:ベッドのマットレスはひっくり返せません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)